Web開発におけるOS【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発におけるOSについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

ローカル環境はmacOSやWindowsあたり

Web開発ではローカル環境のOSはmacOSやWindowsあたりとなるでしょう。

Web開発におけるローカル環境とはパソコン上で開発する際の環境のことです。

Webエンジニアの多くがmacOSで開発を行うイメージがありますが、Windowsで開発するWebエンジニアもいます。

サーバ環境はLinuxやWindows Serverあたり

Web開発のサーバ環境のOSはLinuxやWindows Serverあたりでしょう。

Linuxが多いイメージがありますが、Windows Serverも利用されるケースがあります。

Windows Serverでは馴染み深い操作感のため、構築や運用がしやすいと感じる方も多いです。

クライアント環境はWindowsやmacOS、Android、iOSあたり

Web開発ではクライアント環境は色々と想定されると思います。

しかし、OSはWindowsやmacOS、Android、iOSあたりに絞るでしょう。

これは通常よく使われているパソコンとタブレット、スマホのOSとなります。