Web開発の職種【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発の職種について、現場の視点で簡単に解説していきます。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアはWeb開発のフロントエンドの開発を担当します。

フロントエンドの開発とは、基本的にはWebブラウザのUI側の開発を指します。

HTMLとCSSでWebページを作り、さらにJavaScriptでプログラミングを行います。

バックエンドエンジニア

バックエンドエンジニアはWeb開発のバックエンドの開発を担当します。

バックエンドの開発とは、サーバ側の、通常Webアプリのコアとなる機能の開発を指します。

JavaやPHP、Ruby、Pythonといったプログラミング言語の他、SQLのデータベース言語で開発を行うことが多いです。

Webエンジニア

WebエンジニアはWeb開発の全てを担当しえます。

つまり、フロントエンドとバックエンドの両方を担当することがあります。

ただし、Webページのデザインをする人をWebデザイナーを呼び、それ以外のプログラミングをする人をWebエンジニアと呼ぶ場合もあります。