Web開発におけるローカル環境【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発におけるローカル環境について、現場の視点で簡単に解説していきます。

ローカル環境とは

Web開発のローカル環境とはPC上に作る環境のことです。

本番環境では、多くの場合、Linux等のサーバに環境を作ります。

しかし、いきなり本番はできないため、ローカル環境で開発を進めるわけです。

昔からあるローカル環境の構成

Web開発のローカル環境で有名な構成はXAMPPです。

これはWindowsの場合であり、Macの場合はMAMPが有名です。

PHPの開発ではこれらが有名ですが、他の言語ではまた別の構成になります。

現在多くなっているローカル環境の構成

PHPでのWeb開発では、DockerでLAMPのローカル環境を構築するケースが増えています。

Dockerを入れた方が本番に近いLAMP環境を作れ、複数の開発環境を用意できるためです。

また、Dockerはコンテナ型仮想化のため、ホスト型仮想化よりも処理速度を速くできます。