Web開発の種類【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発の種類について、現場の視点で簡単に解説していきます。

フロントエンドの開発

フロントエンドは基本的にはブラウザ側を指します。

HTMLとCSS、JavaScriptといった言語で開発を行います。

AJAXを使ってページ遷移なしでバックエンドと連携する等、明確にバックエンドと分業できる場合もあります。

バックエンドの開発

バックエンドはサーバ側を指します。

JavaやPHP、Ruby、Python等のプログラミング言語と、多くの場合、さらにSQLのデータベース言語で開発を行います。

WebAPIもバックエンドに含まれ、この場合、通信相手はフロントエンドやネイティブアプリだけではなく、バックエンド同士の通信もありえます。

ネイティブアプリの開発

Web開発のクライアント側はブラウザのみとは限りません。

クライアント側をネイティブアプリとする場合もあり、この場合、アプリとバックエンドが通信します。

ネイティブアプリはそれ自体はWeb系とは言いにくいですが、Webサーバと通信を行う前提のアプリの場合にはWeb系の一部と呼ぶことがあります。