JavaでのWeb開発【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、JavaでのWeb開発について、現場の視点で簡単に解説していきます。

Javaとは

Javaはオラクルが版権を持つプログラミング言語です。

Web開発もさることながら、非Webの開発でもよく使われます。

PHP等とは異なり、静的型付けの言語かつコンパイル言語です。

Javaのメリット

JavaはWeb開発を含め開発の案件数で首位です。

ライブラリが充実しており、その点では開発がしやすいです。

そして、PHP等と比べると処理速度が速いため、その点でも評価されています。

Javaのデメリット

コンパイル言語で静的型付けの言語であることから学習がしにくいです。

また、コンパイル言語であることから、インタプリタ言語と比べ、デバッグ等にも手間がかかります。

レンタルサーバではPHP程度しか動かないことが多いため、レンタルサーバを利用するような小さなWeb開発ではJavaはほぼ使われません。