Web開発をする際の注意点【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発をする際の注意点について、現場の視点で簡単に解説していきます。

フレームワークを使う

ほとんどのWeb開発ではフレームワークを使います。

特別な理由がない限りは使った方が開発しやすいためです。

最近はMVCフレームワークがトレンドでRailsやLaravel等がよく使われています。

セキュリティ対策を行う

Web開発とセキュリティ対策は必ずセットです。

特にインターネットに公開する場合には徹底して対策しましょう。

セッション管理やXSS、CSRF、各種インジェクション等は要チェックの項目です。

バージョン管理をする

Web開発ではバージョン管理を行うことが一般的です。

中でもGitを使ったバージョン管理が主流となっています。

例えば、人気のGitHubというWebサービスでは、Gitを利用してクラウド上でバージョン管理をすることができます。