Web開発で耳にするIISについて【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発で耳にするIISについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

IISとは

IISとはInternet Information Servicesの略称で、Webサーバソフトです。

IISはMicrosoftの製品であり、Apacheやnginx同様、無償で動作させることができます。

IISでは、GUIから操作することができ、視覚的な操作でWebサーバを構築することができます。

IISを使うメリット

IISはMicrosoftが開発していることもあり、信頼性が高いです。

Apacheやnginxとは異なり、マウス操作でWebサーバを構築できる点もメリットの一つです。

また、IISでは、PHP等の他にもASP.NETで開発されているアプリケーションも動作させることができます。

IISを使うデメリット

IISはASP.NETではない開発では一般的ではなく、情報が少ないです。

また、LinuxやUNIX等のWindows以外のOSでは動かすことができません。

Windowsにおいても、例えば、Windows10であれば接続台数は20台が上限のため、それを超える接続を受け入れる場合にはWindows Serverで動作させる必要があるでしょう。