Web開発におけるIEとEdge【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発におけるIEとEdgeについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

IE

IEはInternet Explorerの略称です。

長らくWindowsの純正のブラウザとして利用されてきましたが、他のブラウザと比べ、特異で開発者には厄介でした。

現在においてはEdgeへの切り替えが行われており、IEを使おうとするとEdgeが起動されることもあり、使うユーザ数も減っています。

Edge

レガシー版のEdgeではIEのような特異な性質がなくなっています。

現在では、さらにChromium版に生まれ変わり、Google Chromeに近いため、開発者にとって扱いやすくなっています。

EdgeとGoogle Chromeは完全に互換性を持つわけではないとされていますが、基本は同じで、拡張機能も同じものが使えるくらいです。

Web開発ではどう対応すべきか

IEやレガシー版のEdgeを使っている方もまだ一定数存在します。

ですから、開発時はそれらを考慮した方が望ましいとは思います。

しかし、要件次第ではありますが、最新ブラウザのみを想定して、IEやレガシー版のEdgeをサポートから除外することも選択肢の一つです。