Web開発で辛いと思ったこと【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発で辛いと思ったことについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

UI

Web開発ではUIは目に見えるので顧客から指摘がよく入ります。

顧客の感性に流されるため、なかなか納得頂けないことがあり、つらいです。

また、最近ではデバイスも多種多様となり、レスポンシブデザインが必須な点も大変なところです。

インフラ

Web開発ではインフラ構築もやや大変です。

サーバは普段のPCでは使わないLinuxが主流で、基本的にはCUIでの操作が必要となります。

また、ドメインやSSL証明書の設定や管理も必要となるため、Web向けのインフラに慣れないといけません。

セキュリティ

Web開発ではセキュリティ対策はマストです。

特に不特定多数に公開する場合には徹底しないといけません。

Web開発ではインジェクション以外にも、セッション管理やXSS、CSRFといった独自の脆弱性への対策も必要です。