Web開発におけるフレームワーク【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発におけるフレームワークについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

フレームワークを使わない現場はほぼない

Web開発においてはフレームワークをほぼ使います。

車輪の再発明が不要になる点が大きなメリットの一つです。

また、フレームワークで既に開発された機能にはバグが少ないこともフレームワークの良さの一つになります。

最近はMVCフレームワークがよく使われる

Web開発では最近MVCフレームワークがよく使われています。

MVCとは、モデルとビュー、コントローラの3つに分けて開発を行うフレームワークです。

例えば、PHPであればLaravel、RubyであればRuby on Rails、PythonであればDjango(MVT)等です。

オレオレフレームワークは勉強目的のみ

Web開発では独自のフレームワークを持つ現場もあります。

その一つにオレオレフレームワークといって勉強目的で作るフレームワークがあります。

しかし、独自のフレームワークでは他の方がわからないため、OSSのフレームワークを使うことが一般的です。