Web開発に多い環境【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発に多い環境について、現場の視点で簡単に解説していきます。

Amazon EC2に構築

クラウドサービスの有名どころは主にAWS、GCP、Azureの3つです。

Web開発においては、クラウドを利用する場合はAWSが最も多いです。

AWSの仮想サーバ構築サービスがAmazon EC2であり、よく使われる環境です。

Dockerによる仮想化

Web開発では、通常は本番環境に合わせるため、仮想化します。

このとき、Dockerによるコンテナ型仮想化がよく使われています。

必要に応じてホスト型やハイパーバイザー型の仮想化と組み合わされます。

Gitでバージョン管理

開発でのバージョン管理にはGitが最もよく使われます。

Web開発においてもこれは例外ではなく、Gitが首位と言えます。

中でもGitHubがよく利用されており、チーム開発に向いています。