Web開発が簡単とされる理由【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発が簡単とされる理由について、現場の視点で簡単に解説していきます。

言語が易しい

Web系のプログラミング言語は扱いが容易なものが多いです。

例えば、PHPやRuby、Python、JavaScript等はコンパイルが不要です。

また、これらの言語は動的型付けの言語のため、型の取り扱いの手間も省けます。

ライブラリが豊富

Web系の言語にはライブラリが豊富です。

フロントエンドではJavaScriptのjQueryやReact等があります。

バックエンドではPHPであればComposer、RubyであればRubyGems、Pythonであればpip等を通じて多くのライブラリを使うことができます。

フレームワークがある

Web系の言語にはフレームワークもあります。

フロントエンドのJavaScriptにはVue.jsやAngular等があります。

バックエンドには、PHPであればLaravel、RubyであればRuby on Rails、PythonであればDjango等のMVC(MVT)フレームワークが人気です。