Web開発で安定して稼ぐ方法【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発で安定して稼ぐ方法について、現場の視点で簡単に解説していきます。

Web系のプログラミング言語の経験を積む

Web開発で稼ぎたいのであれば、Web系のプログラミング言語の経験を積みましょう。

Web系のプログラミング言語としては、JavaやPHP、Ruby等の言語がよく使われています。

JavaやPHP、Rubyは案件数が多いため、いずれを選択しても当面は案件を見つけるのに苦労しません。

MVCフレームワークの経験を積む

Web開発ではフレームワークがほぼ必須です。

中でもMVCフレームワークが多くの案件で使われています。

例えば、JavaであればSpringBoot、PHPであればLaravel、RubyであればRuby on Railsが扱えれば十分でしょう。

インフラの構築経験を積む

Web開発はアプリケーション開発だけでは済みません。

必ずアプリケーションを載せるインフラを構築しなければいけないからです。

したがって、アプリケーション開発エンジニアであっても、インフラの構築経験を求める案件が割と見受けられます。