Web開発におけるDockerのメリットとデメリット【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発におけるDockerのメリットとデメリットについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

Dockerとは

Dockerとはコンテナ型仮想化のプラットフォームです。

DockerもVirtualBoxやVMWare等と同様に仮想環境を構築できます。

しかし、DockerはVirtualBoxやVMware等とは異なり、ゲストOSというものが不要であり、Web開発でよく使われています。

Dockerのメリット

Dockerのメリットは簡単に各案件に合わせた仮想環境を構築できる点です。

Web開発で複数の環境を作るケースがありますが、そういった際に便利です。

VirtualBoxやVMWare等のゲストOSを必要とする仮想化とは異なり、動作も軽快です。

Dockerのデメリット

Dockerのデメリットはカーネルが異なる検証はできない点です。

また、どうしてもDockerそのものの使い方を学ぶ必要はあります。

しかし、Web開発で多いカーネル違いの検証についてはハイパーバイザ等の技術も利用することで可能となり、使い方に関しては一度覚えてしまえば簡単です。