Web開発と他の開発との難易度の違い【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発と他の開発との難易度の違いについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

Web開発では仕組みの理解が必須

Web開発では仕組みの理解が前提条件で必要です。

HTTP(S)通信ではリクエストに対するレスポンスという形で通信されます。

また、フロントエンド(端末側)とバックエンド(サーバ側)の処理の違いの理解も求められ、他の開発よりも少しだけ難易度が高いように思えます。

Web開発では技術の流行り廃りが激しい

Web開発では技術が廃れるスピードが速いです。

また、新しい技術もよく出るため、キャッチアップが大変です。

日々アップデートされる様々なデバイスとブラウザにも対応させなければいけないため、他の開発よりも難易度が高く思えます。

Web開発ではサーバOSはLinuxが主流でCUI操作が多い

Web開発ではサーバOSはLinuxがほとんどです。

そして、Linuxの場合、CUI操作が求められることが多いです。

最初はほとんどの方がLinuxになじみがないと思われるため、他の開発よりも参入の難易度がやや高いと言えます。