Web開発のデザイン【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発のデザインについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

使う言語は2~3つ

Web開発のデザインに必要な言語は2~3つです。

最低でも必要なものはHTMLとCSSの二つとなります。

もう一つの言語として、JavaScriptがあれば、より良いデザインを作ることができます。

端末によってデザインを変えることが一般的

最近では様々な種類の端末があります。

そのため、Web開発のデザインも端末に合わせてデザインを変えることが一般的です。

同じWebページでレスポンシブデザインで対応することも、各端末向けに専用ページを用意することもあります。

フレームワーク等を使うことが一般的

Web開発のデザインではフレームワーク等を使うことが一般的です。

主な理由としては、ゼロからデザインを作ると工数がかかるためです。

デザインにおいては、jQueryやBootstrapといったものが使われることが多いように見受けられます。