Web開発におけるクラウド【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発におけるクラウドについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

クラウドとは

クラウドとはサービスをインターネット上で利用できる仕組みのことです。

これによって、ユーザはインフラやソフトウェアを持たなくても良くなります。

一方で、クラウドの対義語であるオンプレミスは、自分たちでインフラやソフトウェアを持ち、運用することです。

AWSが最もよく使われる

有名なクラウドはAWSとGCP、Azureの3つです。

それぞれ、AmazonとGoogle、Microsoftのクラウドサービスの名称です。

この中では、AWSが最もよく使われており、AWSに障害が発生する度に多くのアプリケーションに影響が出るほどです。

Web開発においてはAmazon EC2がよく使われる

Web開発ではAWSのAmazon EC2がよく使われます。

Amazon EC2とはクラウドに仮想サーバを構築できるサービスです。

Webサーバを自分たちで持たずに、クラウド上でWebアプリケーションを構築できます。