Web開発で使われるコンテナ技術【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発で使われるコンテナ技術について、現場の視点で簡単に解説していきます。

コンテナ技術とは

コンテナ技術はOS上に他のプロセスから隔離された仮想環境を構築する技術です。

コンテナ技術では、ホスト型の仮想化とは異なり、より少ないリソースで仮想環境を構築できます。

よく使われているコンテナ技術のソフトはDockerであり、その他にはPodman等のソフトが知られています。

コンテナ技術のメリット

コンテナ技術の最大のメリットは動作が快適な仮想化を実現できることです。

さらに、最近では、WindowsやMacのホストOS環境でもLinuxのOSのコンテナ仮想化ができます。

仮想化をすることで、実際に複数のハードウェアを用意せずとも気軽に複数のサーバを立てることが可能です。

コンテナ技術のデメリット

コンテナ技術のデメリットは操作を覚える必要があることです。

また、ホストと異なるカーネルの仮想化はできないこともデメリットの一つです。

ただし、先述のとおり、最近では、WindowsとMacのホストOS環境でもLinuxのOSのコンテナ仮想化が可能です。