Web開発を行う自社開発企業の特徴【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発を行う自社開発企業の特徴について、現場の視点で簡単に解説していきます。

Web開発を行う自社開発企業とは

Web開発を行う自社開発企業は自社のWebサービスを開発する企業です。

WebサービスとはFacebookやTwitter、メルカリのようなもののイメージです。

この手の企業では、広告やサブスクリプション、手数料等で収入を得ています。

Web開発を行う自社開発企業のメリット

Web開発を行う自社開発企業はユーザが増えれば安定して収入が入ります。

また、自分たちで開発を行うため、リモートワーク等の働きやすい環境であることがあります。

この手の企業では、幅広い技術や最新の技術を使うことが多いため、エンジニアとして成長しやすいです。

Web開発を行う自社開発企業のデメリット

Web開発を行う自社開発企業はユーザを手放さないようなサービスを提供し続ける必要があります。

例えば、mixiはかつて多くの若者に利用されたサービスでしたが、現在はほぼ使われていないという現実があります。

自社開発では、受託開発のように様々な企業の仕事を受けれないため、一つの事業を超えて開発することは難しいです。