Web開発における文字コード【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発における文字コードについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

UTF-8がほとんど

Web開発ではほとんどの場合、文字コードをUTF-8にします。

あらわせる文字が多く、各端末でUTF-8に対応しているためです。

また、JavaScriptで扱うJSONはUTF-8等のUnicodeのみの対応となっているということもあります。

SJISはIIS環境等で見かける

SJISはWindowsで採用されている文字コードです。

そのため、Web開発ではIISの環境等で見かけることがあります。

ただし、あくまで現在ではほとんどのWebサイトの文字コードはUTF-8です。

UTF-8とSJISの変換の際には注意が必要

Web開発ではUTF-8とSJISの変換はよくあります。

古いシステムではSJISが採用されていることがあり、そういったシステムとの連携の際には変換が求められるからです。

注意点としては、SJISからUTF-8への変換は問題ないですが、UTF-8からSJISへの変換は対応する文字がないことがあります。