Web開発でよく利用されるAPI【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発でよく利用されるAPIについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

APIとは

APIとはApplication Programming Interfaceの略です。

Web開発におけるAPIはWebAPIと呼ばれ、ネットワーク越しに呼び出されるアプリケーションのインターフェースのことです。

利用目的はアプリケーションやシステム間の連携であり、バッチ連携と同様に、データのやり取りを目的に利用されています。

APIのメリット

バッチ連携では決められた時間のみの連携でした。

しかし、API連携ではリアルタイムにデータを連携できます。

APIの開発においては、バックエンドのみの開発になるので、HTMLやCSS、JavaScriptといったフロントエンドの知識がない人材でも開発できます。

APIのデメリット

外部のAPIにはサービス終了の危険があります。

その場合に、代替案を見つけ、追加開発する必要が出てきます。

また、API側で障害が発生すると、関連する機能が全く使えなくなるというリスクもあります。