WebデザイナーとWebエンジニアの違い【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、WebデザイナーとWebエンジニアの違いについて、実体験をもとに簡単に解説していきます。

Webデザイナー

Webデザイナーはフロントエンドの開発を担当する人のことです。

ここで言うフロントエンドとは、Web系の目に見える部分のことです。

WebデザイナーはWebサイトのデザインを決め、コーディングするまでが仕事です。

フロントエンドのコーディングは、HTMLとCSS、JavaScriptの言語を使って行います。

Webデザイナーは、場合によっては、フロントエンドエンジニアと呼ばれることもあります。

Webエンジニア

WebエンジニアはWeb系の開発の全てを担当しうる人のことです。

フロントエンド開発とバックエンド開発のいずれか、もしくは両方を担当します。

コーディングに使う言語にはHTMLやCSS、JavaScript、PHP(もしくはJavaやRuby等)、SQLがあります。

また、Webエンジニアは、職場によっては、インフラエンジニアの仕事も兼任している可能性があります。

担当するWeb系の分野によって、フロントエンドエンジニアやバックエンドエンジニア、インフラエンジニアと呼ばれることもあります。

どちらもWeb系

WebデザイナーとWebエンジニアはどちらもWeb系の分野の職業です。

WebデザイナーはWeb系の開発の中でもフロントエンド開発を担当する職業です。

Webエンジニアはフロントエンド開発やバックエンド開発のいずれか、もしくは両者を担当します。

そのため、Webデザイナーは、広い意味では、Webエンジニアの中に含まれるという見方もできます。

フロントエンド開発だけでなく、バックエンド開発もする場合には、Webエンジニアと呼ばれるべきでしょう。