派遣エンジニアが使えないと言われる理由と正社員との違い【現場の声】

PROGRAM

派遣エンジニアが使えないと言われる理由を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • 派遣エンジニアが使えないと言われる理由を知りたい
  • 派遣エンジニアと正社員エンジニアとの違いを知りたい
  • スキルアップのためプログラミングの学習方法を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、派遣エンジニアが使えないと言われる理由と正社員との違いを現場の視点から解説しつつ、正社員になるためにスキルを身につけたい方向けにプログラミングの学習方法をまとめています。

派遣エンジニアが使えないと言われる理由

派遣エンジニアが使えないと言われる理由

現場の声として、「派遣エンジニアは使えない」という声をしばしば耳にします。
彼らはなぜ「使えない」と言われてしまうか、まずはその理由を解説していきます。
なお、ここでの派遣エンジニアには、正社員のSESを含め、ヘルプデスクや初級のITエンジニアの職種も含めるものとします。

融通が利かない

派遣社員や元派遣社員の方は、指示されたとおりのことしか仕事をしない傾向にあります。

SES等で派遣されるエンジニアは、職務内容と責任範囲が明確に決められており、それ以上のことを基本的にはしてはいけないので、これは当然と言えば当然のことです。

しかし、言われたとおりにしかやらないため、エンジニア単体として見たときの人材価値としては、仕事の中だけでしか技術を磨こうとしない方は、かなり低いものとなってしまいます。

言われたとおりにコーディングすることは誰にでもできることだからです。

もちろん派遣エンジニアの方全員に対して「融通が利かない」とは言っていませんが、派遣という性質上どうしてもそのような傾向になりやすいということだけははっきりと言えます。

スキルアップをしようとしない

派遣エンジニアといっても、実際にはヘルプデスクや初級のITエンジニアなど、高い技術力を持たない方が結構います。

私が所属する企業でもSESで派遣されている方の中にはこのような方がたくさんおり、技術に対する向上心を持たない方が結構多いです。

もちろん仕事以外のプライベートな時間の使い方は人それぞれではあるのですが、特に派遣の場合は、普段から決められたことしかやら(れ)ないので、仕事以外でもキャッチアップをしていかないと技術はなかなか身についていきません。

開発に携わっていても、一部の工程しか経験できないことも多く、上昇志向がないとどうしてもエンジニアとしての価値は上がっていかないのです。

私の会社でも勉強会を定期的に開いていますが、なかなか参加する人がいないほどです。

現在派遣の方はぜひ上昇志向を持って、色々な技術を身につけていくべきだと思います。

現場のえり好みをする

もちろん現場と相性が合うかどうかは大事なポイントではありますが、過度に案件をえり好みしたり、条件を厳しくする派遣エンジニアの方が結構います。

「そんな現場はない!」と言ってやりたいぐらいの条件を設定している方もいて、正社員でSESの要員ですと、こういう方は待機期間が長くなり、会社が赤字になってしまいます。

SESの要員は月給が、正社員で自社開発や受託開発を行う方よりも高く設定されていることが多いため、現場をえり好みする派遣エンジニアは会社から嫌煙されることが多いです。

やはり仕事なのですから、ある程度需要に合わせに行って自分を売り込みに行くという甲斐性も必要になってくると思います。

派遣エンジニアと正社員エンジニアとの違い

派遣エンジニアと正社員エンジニアとの違い

次に、派遣エンジニアと正社員エンジニアとの違いを解説していきます。
ここでは、派遣エンジニアには正社員のSESを含めており、ヘルプデスクや初級のITエンジニアの職種も含めるものとします。
正社員は、主に自社開発や受託開発のエンジニアや社内SEなどを指しています。

派遣エンジニアは責任が少なく自由がある

基本的にプロジェクトを管理するのは、正社員エンジニアや管理職が行うことで、派遣エンジニアに対しては責任の範囲があらかじめ定められ、指示されたとおりの仕事をすることだけが期待されます。

そのため、正社員エンジニアや管理職と比べると派遣エンジニアの責任は軽く、自企業の現場でもないため、自由さや身軽さがあります。

一方、正社員エンジニアや管理職は、プロジェクトを遂行するために、そういった派遣エンジニアを集め、管理しなければならない立場のため、プロジェクトが遅れたり、失敗したときの責任を取らなければいけません。また、オンスケで行うための指示も出さなければいけません。

このように派遣エンジニアには自由がありますが、前述のとおり、責任の範囲が定められているがために融通が利かなかったり、仕事が見つからないなどのリスクがあります。

派遣エンジニアは賞与査定などの評価を受けにくい

派遣エンジニアは、スポットということや外部要員ということもあり、単価は比較的高いですが、賞与はありません。

正社員のSESの場合もほぼ同様で、単価は自社開発要員よりも高いことが多いですが、賞与査定などの評価は適切に行われにくく、なかなか働いた分だけの見返りがないことが多いです。

なぜ正社員SESでも賞与査定がいまひとつかと言うと、実際、評価する自社の人間が現場にいないからです。

賞与がない分固定給が高いのだから良い、と割り切って考えられるのであれば良いですが、成果主義を期待する方にとっては、これでは納得がいかず、やめてしまうことも多いのが現実です。

とはいえ、正社員エンジニアであっても、基本的には開発者は歩合給ではないため、そこまでの成果報酬は期待できません。

ただ、派遣の場合は雇用形態によっては全く賞与が出ないところさえもありますので注意が必要です。

雇い主としては派遣は稼ぎ頭、正社員は給料泥棒の場合も

SESと自社開発の両方を行っている企業も多いですが、そういう企業の場合、たいてい稼ぎ頭は派遣事業(SES)で、自社開発事業は売上の足を引っ張っていることが多いです。

自社開発は、研究開発の名目でやっているところも多いので、会計上は研究開発費で計上しているから事業としては赤字とはみなしていない場合もありますが、自社のソフトがヒットしなければ売上が上がらないため、給料泥棒と思われても仕方がない一面があります。

ただ、派遣も派遣で、基本的には案件の契約期間が短いため、すぐに切られてしまい、せわしない思いをすることもあります。また、次の案件が見つからず待機となれば会社にとってもリスクですし、本人にとっても周りの目が気になりつらい経験をすることになります。

結局、派遣も正社員も両者にメリット・デメリットがあるわけですが、将来を考えるのであれば、やはり派遣より正社員の方が良いように思われます。

そこで、おすすめのプログラミング学習方法をこの後にまとめていますので、正社員になるためにスキルアップをされたい方はぜひこのまま読み進めていってみて下さい。

おすすめのプログラミング学習方法

おすすめのプログラミング学習方法

最後に、私自身や知人の方の体験を踏まえた、誰でもプログラミングスキルを習得できる学習方法をまとめてみました。
スキルアップをされたい方は必見です。

身近なものをプログラムで自動化・効率化

プログラミングの学習は、受験勉強のように参考書を何周もして覚えるものではありません。
覚えたところで、書き方や構文がわかるだけで、プログラムを作る力はあまり身につかないでしょう。

それよりも大事なのは、作りたいプログラムの目標を持つことです。
具体的な目標がないと、プログラミング言語の知識は宝の持ち腐れとなり、応用の仕方がわからないまま、やがては忘れ去られてしまいます。

そのため、まずは身近なものをプログラムで自動化・効率化してみましょう。
現職のある方は業務の手間を削減できるものを、学生の方などは便利なツールや自分のWebサービス(サイトなど)を作ってみましょう。

そうすることで、使われない知識ではなく、実践的な応用力を身につけることができます。

コピペしながら目的のプログラムを作り上げていく

プログラミングスキルは、本などを読むだけではまず習得できません。
作りたいものの目標を持って、実際に手を動かしてそれを作り上げて行くということをしない限り、身につけられるものではありません。

理由は、プログラミングにおいては、書き方や構文なんかよりもロジックが大事だからです。

プログラミングを学習していく際には、処理と処理の前後関係のフローや組み合わせを考え、論理的思考力の一つであるプログラミング的思考を最初に身につけることが要となります。

したがって、処理の組み合わせやフローが作れたら、あとは個々の処理を洗い出して、わからないものをネット上で検索して、適宜コピペして拾ってくるやり方でOKです。

実際に私はそうやって覚えていき、薄給からそれなりのお給料をもらうまでにのし上がりました。

これからプログラミングを学習する方には、わからないものを潰していく勉強ではなく、課題を解決していくスタイルの学習をしていただければと思っています。

自信があれば独学、なければプログラミングスクール

プログラミングの学習は独学でもなんとかなります。
実際私も独学で学んできた一人です。

しかし、効率がよかったか、最短だったか、と聞かれるとそうは思いません。
また、エンジニアになった後も顧客や同じ技術者の方と話す際に、専門学校やプログラミングスクールに通っていなかった分、基礎的な知識が欠けているなと実感したことが何度もありました。

そういった経緯があるので、独学では不安だったり、基礎的なところをきちんと固めて仕事をしたいと考えている方には、プログラミングスクールがおすすめです。
特にニートの方であれば、時間も余っていますし、スクールに通って集中的に学習されると良いと思います。

プログラミングスクールでは、単にプログラミングの学習だけではなく、未経験者でもポートフォリオに載せることのできるオリジナルサービスの開発の支援や就職活動の手厚いサポートをしてくれるところが多いです。

プログラミングスクールに関する詳細は別の記事でまとめていますので、興味があればぜひ参考にして下さい。