TechBoostはWebプログラミング学習に最適!【現役エンジニアの評価】

PROGRAM

現役エンジニアから見たTechBoostの評価を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • TechBoostで実践的な開発スキルが身につけられるかを知りたい
  • 学習するならWebプログラミングがおすすめな理由を知りたい
  • TechBoostのオススメポイントを知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、TechBoostで実践的な開発スキルが身につけられるということやWebプログラミングがおすすめな理由を解説し、TechBoostのオススメポイントをまとめています。

TechBoostでは実践的な開発スキルを身につけられる

TechBoostでは実践的な開発スキルを身につけられる

結論から言うと、TechBoostはWebプログラミングを学習できるスクールとして最適です。
まずはその根拠を数点挙げ、解説していきたいと思います。

充実したWebプログラミング学習

TechBoostではWebプログラミングを中心に学習できる内容となっています。

Web系の開発では、一般に、画面を作るためのHTML/CSSという言語が、サーバ側の処理を実装するためのPHPやRubyという言語がそれぞれ必要になってきます。

さらに実際の開発ではデータベースを使わないシステムやアプリケーションはほぼありませんので、データベースの操作言語であるSQLも学ぶ必要があります。

TechBoostではこれら全ての言語を「ベーシック」の期間で学習することができますので、Web系の開発で必要なスキルをここで身につけることができます。

オリジナルサービスの開発ができる

開発現場で実際に活躍するためには、現場に入る前に、何かしらの開発経験があるとベストです。

TechBoostでは、カリキュラムの中でオリジナルWebアプリケーションの開発をすることができます。もちろん、講師からの支援付きです。

この開発は「ベーシック」の後の期間の「ディペロップ」というタームで行うことになりますが、ここでRubyならRails、PHPならLaravelという現場でもよく使われるフレームワークを習得することができます。

フレームワークは、大体どこの開発現場でも使われていますので、スクールのうちにフレームワークに触れることで、実際の開発現場のイメージをつかむことができます。

オリジナルサービスを開発できれば、転職の際に役に立つポートフォリオを作成することができますので、他の応募者とも差別化を図ることができ、一石二鳥です。

講師が全員エンジニアである

TechBoostでは講師は全て現役のエンジニアとなっています。

他のスクールではたまに開発経験がない講師の方がいらっしゃいますが、そういう方ですと、基礎は教えられても、実践で役に立つスキルを身につけさせてくれるかは定かではありませんし、オリジナルサービスの開発の支援もできない可能性が高いです。

その点、現役エンジニアであれば、実際の開発現場を想定して指導をしてくれますし、開発現場でしか学べないようなことも事前に吸収することができます。

オリジナルサービスの開発は、基本的には一から自分ひとりで進めていくことになりますが、つまずいても現役エンジニアの講師が支援してくれるので、挫折せずに確実に進めていくことができます。

学習するならWebプログラミングがおすすめな理由

学習するならWebプログラミングがおすすめな理由

TechBoostではWebプログラミングを効率的に学習できることがわかりました。
ここで、なぜWebプログラミングがおすすめかを、理由を3つ挙げて、解説しておきたいと思います。

需要が多い

現在、IT業界では、開発案件の半数がWeb系の開発案件となっています。

また、案件そのものがWeb系でなくても、何らかの形で、例えば連携などで、Webと関わるということは多々あります。

それほどWeb系の需要は多く、スキルがあれば、仕事に困るということはまずないと考えて良い分野となっています。

さらに、IT業界そのものが人手不足となっているため、需要に対して、供給(労働者の数)が追いついていない状況となっています。

そのため、Webプログラミングを習得しておけば、需給バランス的にも比較的高い給料をもらえますし、開発案件も継続的に入って来るので、バリエーションに富んだ安定したキャリアを築いていくことができるでしょう。

潰しが利く

Web系の開発では、Web系でない開発に比べると、ネットワークなどのインフラやセキュリティ、他システムとの連携など、様々な分野を横断した知識が求められます。

そのため、Web系のエンジニアから、インフラエンジニアやセキュリティエンジニア等に転職することも比較的容易になっています。

また、どの規模の会社であれ、Webと関わっていない企業はないと思いますので、将来エンジニア以外への転職をされる場合でも、Web系で学んだスキルが活かせると思います。

実際に筆者も前職は事務職でしたが、企業のサイトを作るためにPHPのWordPressやCRMなどを使った経験がありました。

学びやすい

Web系のプログラミング言語は、Web系以外の言語と比べると、比較的学習の難易度が低いです。

主な理由は、PHPやRubyといったWeb系の言語が、スクリプト言語だからです。

スクリプト言語とは、中間言語への変換が必要となるコンパイル言語と異なって、プログラムを書いたらすぐに動かせる言語のことです。

さらにスクリプト言語では、動的型付けの言語が多く、プログラムでデータを扱う際に数値や文字列などのデータの型を明確にしなくても良いことが多いので、初心者にも書きやすいのです。

そのため、未経験者であっても、比較的参入しやすい言語となっているため、Web系プログラミングはおすすめとなっています。

TechBoostのオススメポイント

TechBoostのオススメポイント

TechBoostで実践的なWeb開発のスキルが身につけられることがわかりました。
最後に、TechBoostのスクールとしてのオススメポイントをまとめておきたいと思います。

通学とオンラインが選べる

スクールの受講スタイルは大体2極に分かれています。すなわち、通学とオンラインのいずれかということです。

しかし、TechBoostでは、通学もオンラインもいずれも可能となっています。

これは他のスクールにはあまりないメリットとなっており、直接顔を合わせた方がやる気も出て学びやすいという方であれば通学が良いと思いますし、時間や場所を選ばずに受講したければオンラインを選ぶことができるのです。

いずれの受講スタイルにも良さがありますので、自分の性格や性質と相談をして、決められると良いと思います。

カリキュラムはオーダーメイド

TechBoostでは、Web系のプログラミングを、「ベーシック(基礎)」と「ディベロップ(発展)」の期間に分けて学習することができますが、その細かな学習内容やスケジュールに関しては、プロのカウンセラーの方が、一人ひとりオリジナルのプランを作成してくれます。

例えば、HTMLやCSSに関しては、趣味レベルでもともと身についている方も多いと思います。

このような方であれば、HTMLやCSSは軽く触れるだけにして、PHPやRubyなどプログラミング言語に重きを置いた学習をするカリキュラムにすることができます。

こういった事情は一人ひとり異なりますので、オーダーメイドでカリキュラムを作ってくれるのはありがたいことです。

無料で転職のサポートをしてくれる

TechBoostの運営会社であるBranding Engineerでは、エンジニア転職支援サービスとしてTech Stars、独立支援サービスとしてMidworksというサービスを展開していますので、それぞれのエージェントの方が転職の支援をしてくれます。

自社開発企業やWeb系のスタートアップ企業など、成長しやすい環境の企業の求人案件も多く取り扱っていますので、ぜひサポートを受けると良いでしょう。

これらのエージェントの利用は無料となっていますので、TechBoostでの学習後、手厚いサポートを受けながら転職活動を進めていくことが可能となっています。