TechBoostのカリキュラムはどう?【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

TechBoostのカリキュラムはどうか知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • TechBoostのカリキュラムの内容を知りたい
  • その他に現場で必要とされるものを知りたい
  • TechBoostのカリキュラムがおすすめの理由を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、TechBoostのカリキュラムとその他に実際の開発で必要なものを解説し、TechBoostがおすすめできる理由をまとめています。

TechBoostのカリキュラムの内容

TechBoostのカリキュラムの内容

結論から言うと、TechBoostのカリキュラムはおすすめです。
まずは、TechBoostのカリキュラムの内容を解説していきたいと思います。

ベーシックターム(基本)

TechBoostのカリキュラムは3つに分かれていて、そのうちの一つ目がベーシックターム、すなわち基本を学ぶ期間となっています。

このタームでは、Web系の開発に必要な言語やプログラミングの基礎を学びます。

具体的には、画面作りに必要なHTMLとCSS、処理を実装するためのRubyやPHPといったプログラミング言語、それからデータベースを操作するためのSQLを学んでいきます。

よくスクールによっては、データベースだけおざなりになっていたりすることもありますが、TechBoostではデータベースについてもきちんと学ぶことができます。

TechBoostでは、Web系の開発に必要な知識は大方ここで習得することが可能となっています。

ディベロップターム(発展)

二つ目はディベロップターム、すなわち、基本をさらに発展させる期間となっており、主にWebアプリケーションの開発を行います。

要するに、オリジナルサービスの開発を行うことができるというわけです。TechBoostではこの期間にLaravel(PHP)やRails(Ruby)といったフレームワークについても学ぶことができます。

ここで開発したオリジナルサービスは、ポートフォリオ(作品集)に載せることができますので、転職時に他の応募者との差別化を図ることができます。

ポートフォリオは、上場企業をはじめ、自社開発企業やWeb系のスタートアップ企業などの優良企業に転職する場合には、未経験者枠といえども要求されるため、ここで確実に開発を経験しておきましょう。

イノベーティブターム(革新)

三つ目はイノベーティブターム、すなわち革新的な知識を身につける期間となっており、他のスクールにはあまりない醍醐味となっています。

ここでは、ブロックチェーンやIoT、AIのいずれか一つを選択して学ぶことができますので、自分が将来的にやってみたいと思える分野を選択すると良いでしょう。

駆け出しの頃はWeb系エンジニアとして仕事をすることが最も効率的で望ましいと思いますが、将来的には単価を上げるためにこのような分野に転向をされることも良いプランとなるでしょう。

他のスクールではWeb系のコースであればWeb系だけしか学べないことが多いですが、TechBoostではプラスアルファで学べるものがあるというところがメリットですね。

その他に現場で必要とされるもの

その他に現場で必要とされるもの

実際の開発現場では、TechBoostのカリキュラムで学ぶこと以外に必要とされるものがあります。
次に、その他に必要なものを挙げ、解説していきます。

JavaScript

TechBoostのカリキュラムの中の学べるスキルの中にはJavaScriptが含まれていません。

JavaScriptというのは、画面(ブラウザ)側に動きを付けるためのプログラミング言語のことです。

もちろんTechBoostでも全くJavaScriptに触れないということはありませんが、深掘りはしないという意味で説明ページには載せていないのでしょう。

実際の開発現場でも、JavaScriptよりかはPHPやRubyなどのバックエンドのプログラミング言語のスキルの方が重視されますので、ここでもPHPやRubyを重点的に学べばOKです。

ただし、Web系では最近ますますフロントエンドのプログラミング言語であるJavaScriptでできることが多くなってきていますので、これからも必要性には迫られてくると思います。

JavaScriptはPHPやRubyがわかれば自然と理解もできると思いますし、書くこともできると思いますので、現場に入ってから覚えるのでも問題ないと思います。

仕様書の読み書き

実際の開発現場では、一つのシステムの開発を行ったら、画面設計書やテーブル定義書、インターフェース定義書などの仕様書を必ず書く必要があります。

これについてはフォーマットは現場によっても様々あるため、転職をされた後に覚えれば良いと思います。

興味があれば、例えば、「テーブル定義書」とグーグルで検索するだけでイメージがでてきますので、予習をしておくと良いと思います。

クラウドやネットワークの知識

Web系の開発を行うのであれば、クラウドの知識はゆくゆくは必須となってくるでしょう。

例えば、AWSやGCP、Azureといった三大クラウドぐらいは知っておいて良いと思います。

筆者の経験では、AWSやAzure上にWebサーバを立ち上げて、そこにアプリケーションを開発するということはどこの企業もほぼやっていることです。

ただ、クラウドに関しては実際に転職後に知識を身につけるのでも遅くないと思います。

もし早めに対策をされたい場合には、AWSのEC2ぐらいは使ってみても良いのではないかと思います。

TechBoostのカリキュラムがおすすめの理由

TechBoostのカリキュラムがおすすめの理由

以上TechBoostのカリキュラムで学べるものと学べないものについて、見てきました。
最後に、このTechBoostのカリキュラムがおすすめできる理由をまとめたいと思います。

別の記事ではコースを全体的に評価もしています↓

ディベロップタームで実践的スキルが身につく

TechBoostのディベロップタームではオリジナルサービスの開発を行っていきます。

プログラミングスキルは結局のところ、手を動かしてしか身につけることができないので、このディベロップタームの期間は最も大事な期間になります。

そして、TechBoostの場合は、実際の開発現場でもよく使われるフレームワークでこれらの開発を行っていくので、現場感覚も身につけられると思います。

フレームワークとは簡単に解説すると、アプリケーションを開発するのに必要となるものが揃っているもののことです。

その用意されたフレームの中で開発を行っていくため、車輪の再開発をしなくて済むのはさることながら、統一性も取れ、チームでの開発に適しているのです。

現役エンジニアによる指導(通学型もおすすめ)

TechBoostの講師は全員現役エンジニアとなっています。

そのため、ベーシックタームはもちろんですが、ディベロップタームの開発期間においても、現役エンジニアからの指導を受けることができるため、挫折をせずに着実に開発を進めていくことができます。

もし開発経験のない方が講師であれば、開発したことがないわけですから、開発のサポートをしてもらえないので、スクールに通う意味がなくなってしまいますよね。

TechBoostではさらに、通学型の受講スタイルの方であれば、教室で質問をし放題となっていますので、納得のいくまでサポートを求めることができます。

オーダーメイドのカリキュラム

TechBoostのカリキュラムは、ベーシックとディベロップ、それからイノベーティブの3つから成り立っていますが、この内容については一人ひとりに合わせてオーダーメイドで学習コンテンツを決めることができます。

例えば、HTMLやCSSは個人でかなり学習しているので、プログラミングを重点的に学びたいという方は結構いらっしゃると思います。

この場合、ベーシックタームでHTMLとCSSに時間をかけては無駄になってしまうので、TechBoostでは個人の進捗具合に合わせてこれらをカットすることも可能です。

そうすれば、空いた時間を全てプログラミングやディベロップタームに回すことができるので、効率的に学びたいことだけを学べるようにできるというわけです。

他のスクールでは教科書で学ぶことが決められていたりしますので、この点は特にTechBoostはおすすめであると言えます。