TECH CAMPの評判はどう?【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

TECH CAMPの評判を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • TECH CAMPの特徴を知りたい
  • TECH CAMPの評判を知りたい
  • TECH CAMPがおすすめの方の特徴を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、TECH CAMPの特徴と評判を解説し、TECH CAMPがおすすめの方の特徴をまとめています。

TECH CAMPの特徴

TECH CAMPの特徴

結論から言うと、TECH CAMPは短期集中カリキュラムに定評があります。
この記事では、まずは、TECH CAMPの特徴から解説していきたいと思います。

実践的な学習内容

TECH CAMPでは10週間で、Webサイト(サービス)の開発が一貫してできるように、Web開発の実践的なスキルを身につけていきます。
具体的には、画面側ではHTMLやCSS、JavaScriptを、サーバ側ではRuby on RailsとSQLを学び、フロントエンドとバックエンドの両方の開発ができるようにしていきます。
また、AWSクラウドを活用したネットワークやサーバ構築も学習できるため、アプリケーション開発だけでなくインフラもできる総合力の高いエンジニアになることができます。

転職成功率が高い

TECH CAMPでは、アプリケーション開発に偏ったエンジニアではなく、バランスの良いエンジニアになれるため、転職成功率が高いです。
実績では転職成功率は99.0%、利用者数は1,000人を超えており、中には東証一部上場企業に転職される方も見られ、料金はやや高いものの内容はとても充実しています。
また、転職1年後には年収が100万円前後アップする等、TECH CAMPで学んだスキルが評価されることによって年収の大幅アップが見られるため、年収を上げたい方にもおすすめと言えます。

全額返金保証あり

TECH CAMPでは2種類の全額返金保証があり、不安を持っている方でも安心して受講することができます。
一つは学習を開始して14日以内であれば、どんな理由であっても学習を辞退して全額返金をしてもらうことができます。
もう一つは、学習を終えた後にエンジニアへの転職活動を行ったにもかかわらず転職できなかった場合は全額返金してもらうことができます。

TECH CAMPの評判

TECH CAMPの評判

ここまででTECH CAMPの特徴を見てきました。
次に、TECH CAMPの評判を解説していきたいと思います。
ここでは偏りを防ぐため、複数の情報源を利用しています。

短期で確実に学べる

プログラミングスクール「tech expert」で70日間合計で600時間プログラミング学習したので全力レビューしてみる

上記ページはTECH CAMP(旧TECH EXPERT)に実際に通われた方の感想記事です。
TECH CAMPでは、まず簡単な単体アプリを開発しながら基礎を学び、それから応用として解説なしで一つの単体アプリの開発を行い、最後にチーム開発を学んでいくようです。
応用ではあえて解説が用意されずに自ら検索をすることで問題を解決する能力を磨くことができ、チーム開発では実際の現場に近い開発とある程度の規模の開発を学ぶことができます。
この方の場合は1日の拘束時間が長かったことをデメリットとして挙げられていますが、短期集中のため、ある程度は仕事をしているときと同じくらいの時間を消費してしまうのはやむをえないと思われます。
また、この方はもともとフリーランスコースを受講されていたようですが、転職コースと学習内容は何ら変わらないため、最終的には企業への転職をする方向へとシフトし、Web系の正社員エンジニアになられたようです。

自己解決能力を養成

【実体験】卒業生がガチでテックキャンプ エンジニア転職(旧テックエキスパート)の【感想・評判】をしてみた

上記ページはTECH CAMPを実際に卒業された方の感想記事です。
TECH CAMPのカリキュラムでは、講義は一切なく、Web上で全て自分で進めていくスタイルであるようです。
筆者も現役エンジニアのため、断言できますが、プログラミングは受け身ではなく能動的に手を動かさないとスキルを習得することができません。
このカリキュラムによって、何か問題にあたったときでも自分で調べるくせがつくうえに、繰り返し主体的にプログラムを組むことで、かえって効率よく学習することができます。
注意点として卒業後いきなりフリーランスになることは難しいとこの方が指摘されているとおり、フリーランスはもっと実績が必要となるため、まずはこの方のように正社員エンジニアになられると良いと思います。

必要十分な学習内容

TECH CAMP エンジニア転職(旧TECH::EXPERT)の感想

上記ページは当時32歳未経験でTECH CAMPに通いエンジニアに転職された方の感想記事です。
TECH CAMPではWeb開発に最低限必要な言語以外にも、AWSのクラウド知識やGit等の技術ツールに関しても学ぶことができるようです。
転職活動時は多くの企業から「何を学んだのか」を聞かれることが多く、この学びの量の多さが転職活動時にも役に立ったと、この方は指摘されています。
現在は受託開発企業でエンジニアとしてご活躍されているようですので、30代未経験からでもTECH CAMPを利用することでエンジニアとして転職できるということになります。
TECH CAMPのエンジニア転職コースでは、このように企業側から求められているものを徹底的に分析しているため、何を学んだら良いかわからない方に最適な学習内容と支援を提供してくれます。

TECH CAMPがおすすめの方の特徴

TECH CAMPがおすすめの方の特徴

以上でTECH CAMPの特徴と評判を確認してきました。
最後に、これらを踏まえ、TECH CAMPがおすすめの方の特徴をまとめたいと思います。

短期集中で学ばれたい方

TECH CAMPでは10週間(70日間)という短期間で集中的に、Web開発を中心とした実践的な技術を身につけることができます。
通常プログラミングの学習には1,000時間かかるとされていますが、TECH CAMPでは内容の厳選とメンターのサポートにより600時間にまで減少させています。
そのため、短期集中かつ無駄なくWebプログラミングの学習をされたい方にとっては、TECH CAMPはおすすめできるプログラミングスクールと言えると思います。

エンジニア転職されたい方

TECH CAMPのエンジニア転職コースでは、全額返金保証があるため、エンジニア転職されたい方には強くおすすめできます。
エンジニアに転職できない理由は、自分にプログラミングの適性がない場合と企業とマッチングしない場合の2つが考えられます。
TECH CAMPでは、2種類の返金保証があり、これらのいずれの場合であっても対象となるため、不安がある方でも安心して利用することができます。

30代や未経験で学ばれたい方

TECH CAMPでは評判でも確認したとおり、実際に30代や未経験で学ばれ転職された方も多くいます。
これが実現できる主な理由としては、短期集中であり、なおかつカリキュラムが未経験者の学習に最適化されているからであると思われます。
特にTECH CAMPのカリキュラムは自ら主体的に開発を行っていくことを求めているため、受け身の受講による場合と比較にならないくらいの効率を出すことができるのだと思います。