TECH CAMPで学べる言語は?【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

TECH CAMPで学べる言語を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • TECH CAMPで学べる言語を知りたい
  • TECH CAMPで言語以外に学べるものを知りたい
  • TECH CAMPで転職可能なエンジニアの種類を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、TECH CAMPで学べる言語と言語以外に学べるものを解説し、TECH CAMPで転職可能なエンジニアの種類をまとめています。

TECH CAMPで学べる言語

TECH CAMPで学べる言語

TECH CAMPではWeb系の言語を中心に学びます。
この記事では、まずは、TECH CAMPで学べる言語の種類を解説していきたいと思います。

別の記事でも特徴や評判を解説しています↓

HTML/CSS/JavaScript

TECH CAMPではWeb系の開発のインターフェース構築のために、まずフロントエンドの開発言語を学んでいきます。
フロントエンドの言語としてHTMLやCSS、JavaScriptを学びますが、これらは必要最低限にして十分条件でもあります。
それぞれマークアップ言語、スタイルシート言語、プログラミング言語となり、性質が異なるため、独学での学習では挫折してしまう方も多いセットになります。

Ruby(Ruby on Rails)

Web系の開発では、フロントエンドの言語とは別に、バックエンドと呼ばれるサーバ側の言語も扱える必要があります。
TECH CAMPではフレームワークのRuby on railsを多用しつつ、バックエンドのプログラミング言語としてRubyを学んでいきます。
Web系の開発のコアとなるプログラムは一般的にはこのバックエンドにあるため、TECH CAMPでもRuby on Railsに多くの時間を割いて学んでいくことになります。

SQL

SQLとはデータベースを操作するための言語のことで、TECH CAMPではこれも学習内容に含まれます。
当たり前ですが、Webサービスを開発する上ではデータを保持する必要がありますので、データベースは必要不可欠です。
基本的にはフレームワークであるRuby on Railsを使えばSQLの知識がなくてもデータベースが扱えますが、SQLの基礎を知っておいた方が良いことは言うまでもありません。

TECH CAMPで言語以外に学べるもの

TECH CAMPで言語以外に学べるもの

ここまででTECH CAMPで学べる言語を見てきました。
次に、TECH CAMPで言語以外に学べるものを解説していきたいと思います。

開発の各工程で必要な知識

開発にはプログラミング以外にも、設計や検証、インフラ構築、運用といった工程もあります。
プログラミングスクールではプログラミングのみを学ぶところもありますが、TECH CAMPではこれらの工程を全て経験できます。
TECH CAMPではWebサービスの開発をチームで行っていくので、ほぼ現場と同じ環境でゼロから開発を学んでいくことになります。

AWS(インフラ)

TECH CAMPではネットワークやサーバの構築に関しても学習をしていきます。
これらはインフラと呼ばれるWebサービスを動かすために必要な基盤となりますが、TECH CAMPではAWSを中心に学んでいきます。
AWSとは、Amazonが展開するクラウドサービスのことであり、インターネットを通じて仮想マシンや便利なWebサービスを提供しています。

Github

Githubはソースコードの管理を行うサービスであり、複数人で開発する際にここでバージョン管理ができます。
実際の開発現場では、一人で一つのプロジェクトを全て管理することはほぼないため、このバージョン管理は必須となります。
Web系の開発ではGithubは独占的な地位にあるため、TECH CAMPでこれさえ学べば、基本的には他を学ぶ必要はないと言えるでしょう。

TECH CAMPで転職可能なエンジニアの種類

TECH CAMPで転職可能なエンジニアの種類

以上でTECH CAMPで学べる言語とTECH CAMPで言語以外に学べるものを確認してきました。
最後に、これらを踏まえ、TECH CAMPで転職可能なエンジニアの種類をまとめたいと思います。

Webエンジニア

TECH CAMPではWeb系の開発を中心に学んでいくことになるため、Web系の開発を行うWebエンジニアに転職することが可能です。
Webエンジニアも定義が広いですが、一般的には単にサービスの開発だけでなく、AWS等を駆使して全体の構築を行うことも仕事内容に含まれます。
Webサービス全般に関するスペシャリストと捉えておき、少なくともLAMP環境の構築ぐらいは自分であらかじめできるようになっておいた方が良いでしょう。

インフラエンジニア

インフラエンジニアは、オンプレミスかクラウドかはともかくとして、サーバやネットワークを構築することが主な仕事です。
インフラエンジニアも広義の意味があり、簡単なシェルやサーバ側のプログラミング言語が扱えることが求められることもあります。
最近ではクラウドが扱えるインフラエンジニアの需要が高まっているため、TECH CAMPで学習したAWSの知識をここで生かすことができます。

フルスタックエンジニア

フルスタックエンジニアは、マルチエンジニアとも呼ばれ、開発に関する何でも屋の意味があります。
キャリア初期の段階では一旦フルスタックエンジニアになることで、その後の選択肢を広げることができます。
何でも屋になると引く手数多ではありますが、高年収を目指しにくいので、将来的には自分の専門を持つようにされると良いでしょう。