TECH CAMPがエンジニア転職におすすめの理由【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

TECH CAMPがエンジニア転職におすすめの理由を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • TECH CAMPの特徴を知りたい
  • エンジニア転職で必要なものを知りたい
  • TECH CAMPがエンジニア転職におすすめの理由を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、TECH CAMPの特徴とエンジニア転職で必要なものを解説し、TECH CAMPがエンジニア転職におすすめの理由をまとめています。

TECH CAMPの特徴

TECH CAMPの特徴

TECH CAMPはエンジニアの転職に特化したプログラミングスクールです。
この記事では、まずは、TECH CAMPの特徴から解説していきたいと思います。

別の記事でも特徴や評判を解説しています↓

実践的スキルが身につく

TECH CAMPではRuby on Railsを中心に、HTMLやCSS、JavaScript、SQLといった言語を学んでいきます。
これらは通常のWeb開発に必要な知識となりますが、TECH CAMPではこれらに加えて、さらにインフラや技術ツールも学ぶことができます。
インフラでは、AWSを使ったクラウドの知識を身につけることができ、技術ツールではGit等のチーム開発で必須の知識を得ることができます。

2つの全額返金保証がある

TECH CAMPには「14日間無条件返金保証」と「ITエンジニア転職保証」の2つの全額返金保証があります。
前者では学習を開始してから14日以内であれば、どんな理由であっても学習を辞退することで全額返金してもらえます。
後者では学習を終えた後に転職活動をしたにもかかわらず、どこからも内定をもらえなかった場合に全額返金をしてもらうことができます。

転職成功率が99.0%と高水準

TECH CAMPは転職成功率が99.0%と高水準で、転職先もSESではなく自社サービス開発や受託開発の企業が中心となっています。
また、サイバーエージェントやGMO等の東証一部上場企業への転職の実績もあるため、大手企業の転職の可能性も十分にあると言えます。
ベンチャー企業も含めて転職1年後の年収は100万円前後アップされている方も多いため、TECH CAMPで身につけるスキルは高く評価されています。

エンジニア転職で必要なもの

エンジニア転職で必要なもの

ここまででTECH CAMPの特徴を見てきました。
次に、エンジニア転職で必要なものを解説していきたいと思います。

開発スキル

エンジニアは開発職となりますので、開発スキルは必須のスキルになります。
一口に開発といっても様々ありますが、基本的にはアプリケーションの開発スキルが最低限必要とされます。
TECH CAMPではWebサービスの設計から製造まで学ぶことができるため、各工程の開発スキルをもれなく身につけることができます。

インフラ知識

アプリケーション開発者であっても、インフラは避けては通れない領域です。
なぜなら、開発したアプリケーションはインフラに依存しますし、はじめの設計もそれを考慮しなければいけないからです。
TECH CAMPでは流行りのAWSクラウドを中心に、ネットワークやサーバに関しても合わせて学ぶことができるカリキュラムとなっています。

チーム開発経験

未経験者の転職の場合はチームでの開発経験はあるわけがないのですが、スクール卒業者では求められる傾向があります。
特にエンジニアへの転職後に一人で一つのプロジェクトの開発を全て行うことはまずないので、チーム開発の経験は優遇されます。
TECH CAMPでは、Webサービスをチームで開発していくプロセスがあるため、チーム開発の方法と技術ツールに関して学ぶことができます。

TECH CAMPがエンジニア転職におすすめの理由

TECH CAMPがエンジニア転職におすすめの理由

以上でTECH CAMPの特徴とエンジニア転職で必要なものを確認してきました。
最後に、これらを踏まえ、TECH CAMPがエンジニア転職におすすめの理由をまとめたいと思います。

転職が保証されている

エンジニア転職を確実にするためには、転職を保証してくれているスクールに行くことが一番です。
TECH CAMPでは全額返金保証があり、万が一転職できなかった場合には料金を全額返金してもらうことができます。
エンジニアへの転職を目指す方にとって、これ以上安心できる仕組みはないと思いますので、TECH CAMPはエンジニア転職におすすめと言えます。

学習内容のバランスが取れている

通常プログラミングスクールでは、アプリケーション開発しか学ばないところが多いです。
しかし、実際にエンジニアに求められているものは、開発スキルだけでなく、ネットワークやサーバの知識もあります。
先にも確認しましたが、TECH CAMPではこれらのバランスが取れているので、どのようなエンジニア職にも転職することができます。

主体的に自ら学習をしていくスタイル

スクールというと講義があり、それを受けて消化していくだけのイメージを持たれるかもしれません。
たしかにプログラミングスクールもその例外ではありませんが、TECH CAMPでは解説はあまりせず、自分で手を動かすことが中心のカリキュラムとなっています。
わからないことがあった場合はなるべく自分で解決できるように検索スキルを磨くこともできるので、エンジニアになった後にも役に立つスキルを習得することができます。