TECH CAMPでフリーランスになれる?【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

TECH CAMPでフリーランスになれるか知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • フリーランスになることが難しい理由を知りたい
  • TECH CAMPの特徴を知りたい
  • フリーランスエンジニアになる手順を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、フリーランスになることが難しい理由とTECH CAMPの特徴を解説しつつ、フリーランスエンジニアになる手順をまとめています。

フリーランスになることが難しい理由

フリーランスになることが難しい理由

結論から言うと、そもそもフリーランスになることは難しいです。
この記事では、まずは、その理由から解説していきたいと思います。

経験が重視される

フリーランスでは、個人のスキルを買われて契約を締結するため、選定の基準として経験が何よりも重視されます。
したがって、プログラミングスクールを卒業した後、誰でもすぐにフリーランスエンジニアになることができるわけではありません。
開発現場によっては経験ではなく、経験年数で評価するところもあるぐらいなので、数年間の経験がないと案件が取れないことも多々あります。

リスクを背負う必要あり

フリーランスという働き方では、会社員と比べて大きく年収が上がる反面、仕事が取れないリスクもあります。
正社員では、例え仕事がない期間でも毎月必ず給料が発生しますが、フリーランスではブランクの期間は無給です。
また、請負契約を締結した場合は、納品の義務が生じるため、何らかの理由で納品できない場合には報酬がもらえない等の厳しい状況に追い込まれることもあります。

仕事を自分で見つける必要あり

よくお客を引き抜いてから独立すべきと言われるとおり、本来フリーランスは、自分で営業をして仕事を見つけなければなりません。
とはいえ、最近ではフリーランスの方を対象とした専門のフリーランスエージェントが多いので、営業を他者に任せることが可能です。
しかし、それでも仕事が取れないリスクは自分で負う必要がありますし、トラブル等も基本的には自分で責任を被る必要があるのでおいしい点ばかりではありません。

TECH CAMPの特徴

TECH CAMPの特徴

フリーランスになることが難しい理由を見てきました。
次に、TECH CAMPの特徴を解説していきたいと思います。

別の記事でも特徴や評判を解説しています↓

即戦力の学習プログラム

エンジニア転職の場合とフリーランスを目指される場合のいずれの場合でも、TECH CAMPではWebプログラミングを学びます。
カリキュラムとしてはWeb系のフロントエンドとバックエンド開発の他、チーム開発やインフラについても学習することができます。
フリーランスの場合でも客先常駐の案件が中心となるのでチーム開発の経験は不可欠であり、総合的なスキルが求められるため、TECH CAMPの学習内容は最適と言えます。

14日間の無条件全額返金保証あり

TECH CAMPでは、学習を開始してから14日以内であれば、どんな理由であっても、学習を辞退して受講料を全額返金してもらうことができます。
エンジニア転職のコースでは、これに加えてさらに、転職保証もあり、学習後にどこからも内定をもらえなかった場合に全額返金してもらうことが可能です。
料金がやや高額な分、こういった保証が手厚い点がTECH CAMPの大きな魅力の一つで、プログラミング学習で絶対に失敗できない方におすすめの内容となっています。

オリジナルサービスの開発経験が積める

TECH CAMPでは自分のポートフォリオを作成できるように、Webサービスの開発経験を積むことができます。
スクール卒業後に転職される場合でもフリーランスになられる場合でもポートフォリオはほぼ必須のため、経験を積めるという点では強くおすすめできます。
プログラマーやエンジニアの仕事では、ただ教科書どおりに学んだという表面的な事実ではなく、実際にプログラムが書けるという能力が重視されるため、経験でスキルを証明する必要があります。

フリーランスエンジニアになる手順

フリーランスエンジニアになる手順

以上でフリーランスになることが難しい理由とTECH CAMPの特徴を確認してきました。
最後に、現役のエンジニアが、フリーランスエンジニアになる手順をまとめたいと思います。

①プログラミングスクール等で学習

まずは、プログラミングスクールを利用してプログラミングを学習しましょう。
Web系が最も需要が多いため、未経験者であれば、とりあえずはじめはWebプログラミングを学ぶと良いと思います。
TECH CAMPを利用する場合には、フリーランスではなくエンジニア転職コースで、まずは正社員エンジニアになって経験を積むことを目指しましょう。

②正社員エンジニアとして経験を積む

先述しましたが、フリーランスは実務経験がなければ、仕事を取ることはまずできないと考えた方が良いです。
プログラミングスクール卒業後は、自分の実力に自信がある方でも、まずは数年間正社員エンジニアとして経験を積むべきです。
フリーランスエージェントによっては経験1年未満では相手にしてくれないところも多いので、最低でも1年は会社員として働くと良いでしょう。

③数年後フリーランスエンジニアとして独立

会社員として数年間エンジニアを続け、技術にも業界にも慣れてきたら、フリーランスエンジニアとして独立しても良いと思います。
筆者の知り合いでは、最短で1年で独立した方や10年以上下積みを積まれてから独立された方等がおり、人によってタイミングは様々です。
エンジニアはフリーランスになりやすい職業であり、エージェントの数も多いため、平均的には経験年数3~5年程度で独立される方が多いように思えます。