【大手企業あり】TECH CAMPの就職先【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

TECH CAMPの就職先を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • TECH CAMPの就職先を知りたい
  • 就職先の一般的な注意点を知りたい
  • TECH CAMPの就職先からわかることを知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、TECH CAMPの就職先と就職先の一般的な注意点を解説し、TECH CAMPの就職先からわかることをまとめています。

TECH CAMPの就職先

TECH CAMPの就職先

TECH CAMPの就職先は主に3つのタイプに分けられます。
まずは、それぞれの就職先を解説していきたいと思います。

東証一部上場企業

TECH CAMPの就職先には大手企業が多々あります。
例えば、IT大手のGMOクラウドやAbemaTVを運営するサイバーエージェント、不動産サイトのHOME’Sを運営するLIFULL等です。
いずれもほとんどの方が聞いたことがある大手企業のため、安定した経営基盤の企業への転職を考えられている方にはおすすめと言えます。

インターネットメディア会社

TECH CAMPの就職先にはジョブセンスを運営するLIVESENSEや動画配信のU-NEXT、経済メディアのNewsPicks等もあります。
LIVESENSやU-NEXTに関しては、いずれも東証一部上場企業でもあり、名前を聞いたことのある方も非常に多いと思います。
現在はDVDレンタルや新聞といった従来型のメディアが衰退しつつあり、こういったインターネットメディアの市場が急速に伸びています。

インターネットサービス会社

ECサイト大手のDMM.comや金融サービスのマネーフォワード、ソーシャルゲーム運営のガイアックスもTECH CAMPの就職先になります。
この中で、DMM.comは東証一部上場企業でこそないものの、広く知られた大手の企業になりますので、就職先として人気の高い企業です。
インターネットサービス会社は、メディア会社も含め、自社サービスを展開している点で入社後にチャレンジや成長がしやすい環境のため、おすすめの就職先となります。

就職先の一般的な注意点

就職先の一般的な注意点

就職先を見る際には注意すべき点があります。
次に、その諸注意を解説していきたいと思います。

正社員ではない可能性

就職先としてよく知られた企業が載っていても、必ずしも正社員としての雇用ではない可能性があります。
ただ、スクール卒業者に関して言えば、いきなりフリーランスとして活躍できる方は少ないので、多くが正社員と思われます。
実際に、TECH CAMP公式ページによると、正社員比率は93.4%となっており、ほとんどが正社員の就職先と見て間違いないと思います。

勤務先が自社ではない可能性

IT業界の場合、就職しても必ずしもその就職先で働くことになるとは限らず、客先に常駐して働く形態も多いです。
客先常駐では、仕事の幅が限定されており、自分のキャリアをステップアップしていく環境にないことが多いので未経験者にはあまり向いていません。
しかし、TECH CAMPの就職先は自社サービスの会社が多く、SESの割合は13.2%にとどまるため、自社内でキャリアアップをしていくことがしやすいのでおすすめと言えます。

実績ではなく紹介だけの可能性

就職先企業の名前を挙げる際に、就職実績ではなく就職先紹介実績であることもしばしば見受けられます。
この場合、紹介はしたが内定には至らなかった、という可能性も十分にあるため、表現には十分に注意すべきです。
TECH CAMPでは「転職成功実績」として紹介されており、この可能性は0のため、全ての就職先を信用して見ることができます。

TECH CAMPの就職先からわかること

TECH CAMPの就職先からわかること

以上でTECH CAMPの就職先と就職先の一般的な注意点を確認してきました。
最後に、これらを踏まえ、TECH CAMPの就職先からわかることをまとめたいと思います。

別の記事でも特徴や評判を解説しています↓

大手企業への転職が可能

東証一部上場企業を含め、TECH CAMPは大手企業の転職成功事例が多いです。
もちろん中にはベンチャー志望の方もいると思いますが、多くの方は大手企業を好む傾向がありますので、朗報と言えるでしょう。
大手企業に就職するメリットとしては賞与が多く、また支給も安定していることから、中小企業と比べると年収が百万円以上多くもらえることもあります。

自社で腰を据えた開発も可能

TECH CAMPの就職先企業は、自社サービス開発企業が6割を占めていることから、自社で腰を据えて開発ができます。
受託開発はどちらとも言えないですが、SESでは現場が転々とするため、なかなか落ち着いて開発することは難しいです。
自社サービス開発企業や大手企業の情報システム部門に転職する方が、企画から携わることができるため、やりがいも感じやすいと言えます。

将来キャリアアップしやすい就職先が多い

TECH CAMPの就職先企業の9割近くが自社サービス開発企業と受託開発企業で占められているため、社内での昇進が期待できます。
また、これらの企業では、使用する技術に関しても、基本的には自分たちで決めることができるため、新しい技術へのキャッチアップもしやすいです。
エンジニアは現在では長く働ける職業と言えますが、同時に技術が廃れるスピードも速くなってきているため、今後エンジニアとして活動していくにはキャリアアップの意識は必須と言えます。