TechAcademyのWebアプリケーションコースの評判はどう?現役SE解説

PROGRAM

TechAcademyのWebアプリケーションコースの評判について知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • TechAcademyのWebアプリケーションコースの内容を知りたい
  • TechAcademyのWebアプリケーションコースの実際の利用者の評判を知りたい
  • TechAcademyのWebアプリケーションコースに向いている方の特徴を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、TechAcademyのWebアプリケーションコースの内容と実際の利用者の評判を紹介・解説し、このコースに向いている方の特徴をまとめています。

TechAcademyのWebアプリケーションコースの内容

TechAcademyのWebアプリケーションコースの内容

結論から言うと、TechAcademyのWebアプリケーションコースは実践的な開発スキルが身につけられるコースとして、評判は良いです。
具体的な事例を紹介する前に、まずはこのコースの内容を簡単に紹介しておきたいと思います。

別の記事でも解説しています↓

Web開発の実践的スキルが身につけられる

TechAcademyのWebアプリケーションコースでは、Web開発で必要とされているものを一通り学ぶことができます。

具体的には、Webアプリケーションの画面を作るためのHTMLとCSS、機能を実装するためのRuby、データベースを操作するためのSQLの各言語について基礎から学ぶことができます。

また、実際の開発現場でよく使われている、フレームワークやバージョン管理ツールなどについても学習することができるので、エンジニアへの転職を考えている方には特におすすめの内容となっています。

他のスクールと比べても料金が格安

TechAcademyのWebアプリケーションコースの料金設定は、他のプログラミングスクールと比べると格安となっています。

プログラミングスクールの相場は3ヶ月の学習期間の場合には大体30万円を超えてきますが、このコースでは12週間のプランで239,000円となっています。

この理由としてはTechAcademyはオンライン型のスクールであり、教室などの固定費用がないということが真っ先に挙げられますし、受講生の数が多いということも考えられます。

スクールを探されているほとんどの方は料金を重視されていると思いますので、そのような方にはTechAcademyはおすすめのスクールと言えると思います。

現役エンジニアの講師がサポート

TechAcademyのWebアプリケーションコースでは、Rubyという言語を主に学んでいくことになりますが、講師は実際にRubyを使って開発をしている現役エンジニアの方となっています。

そのため、その道のプロの方からサポートを受けることができるので確実ですし、マンツーマンレッスンのため、終始独占して指導を受けることができます。

集団レッスンの受講形式のプログラミングスクールでは質問がしづらい環境である場合が多いですが、TechAcademyではそのような心配は不要ですので、未経験者でも安心して学習できるスクールと言えると思います。

TechAcademyのWebアプリケーションコースの実際の利用者の評判

TechAcademyのWebアプリケーションコースの実際の利用者の評判

ここまででTechAcademyのWebアプリケーションコースの内容を簡単に確認してきました。
次にこのコースを実際に利用された方々の評判を紹介していきたいと思います。
ここでは偏りがないように、複数の情報源を利用していきます。

Webプログラミングをゼロから学べる

プログラミング初心者がTechAcademyの「webアプリケーションコース」を受講してみたのでその感想。

上記ページはIT知識とプログラミング知識がゼロの状態でTechAcademyのWebアプリケーションコースを受講された方の感想記事となっています。

Webアプリケーションコースでは、カリキュラムの後半で実際にWebサービスを自分一人で開発していくことになりますが、この方は実際に自分たちのお気に入りのアルバムをシェアできるWebサービスを作られたようです。

また、ツイッターもどき(SNS)のサイトも作れるようになったようですので、このコースを受講することによって、確実に実践的な開発スキルを身につけられるということが言えると思います。

しかし、画面作りのためのHTMLやCSSに関してはあまり学べなかったと述べられていますので、エンジニアではなくデザイナーになりたい方にとってはこのコースは不向きだと思われます。

このコースはWebアプリケーションコースですから、Webプログラミングを学ばれたい方が受講すべきコースだと思いますので、Web系のプログラマーやエンジニアを目指されている方であれば、この点はあまり気にされる必要はないかと思います。

未経験の方でも安心して簡単に学べる

【体験記②】TechAcademyのWebアプリケーションコースを2か月受講してみた感想

上記ページも、実際にTechAcademyのWebアプリケーションコースを受講された方の感想記事です。

この方の場合は、HTMLとCSSを軽く学んでいたそうですが、独学では効率が悪かったために、このコースを受講されたようです。

この方は学習期間が2ヶ月のプランだったようですが、思ったよりも時間が足りなかったとのことですので、予習の重要性を説いています。

学習の結果としては、この方はツイッターのようなサービスを作れるようになったと同時に、自分のオリジナルサービスも時間ギリギリで開発できたようです。

具体的には観光ガイドの方のためのマッチングサイトを作成されたようで、体感としては思ったより簡単に作れてしまったとのことです。

未経験の方でもTechAcademyの現役エンジニアの講師の存在やよく練られたカリキュラムのおかげで確実に学習を進めていけることがこの記事から読み取ることができます。

働きながらでも学習と転職ができる

【レビュー・体験談】【TechAcademy】2ヶ月間、Webアプリケーションコースを学んでみて

上記ページは実際にTechAcademyのWebアプリケーションコースを卒業され、現在Web系エンジニアとして働かれている方の感想の記事です。

この方は受講時にも既にIT企業に所属していましたが、Web系エンジニアに転向したいという理由でこのコースを受講されたようです。

ただ、IT企業に所属してはいたものの、簡単なプログラミングの経験のみで、知識としてはかなり低い状態で受講されたようです。

しかし、そこからTechAcademyで学習され、最終的にオリジナルサービスの開発が行えるレベルにまで到達されたとのことで、自分のサービスをアピールすることで転職にも成功できたようです。

TechAcademyはオンラインで学習できるプログラミングスクールとなっており、通学が不要でどこでも学習することができるため、この方のように働きながら学習をされたり、エンジニアに転職をされたいという方にはおすすめのプログラミングスクールとなっています。

TechAcademyのWebアプリケーションコースに向いている方の特徴

TechAcademyのWebアプリケーションコースに向いている方の特徴

以上でTechAcademyのWebアプリケーションコースがどのようなコースかが確認できたと思います。
複数の情報源の評判から、最後に、このコースに向いている方の特徴をまとめていきたいと思います。

知識ゼロの未経験者の方

TechAcademyのWebアプリケーションコースを受講された方の多くが、Web系の知識がほとんどなかった方です。

TechAcademyでは、演習課題やサービスの開発など、アウトプット中心のカリキュラムとなっているため、未経験者の方でもそれらをこなしていくことで確実に開発スキルを身につけていくことができます。

また、TechAcademyの講師は現役エンジニアのため、途中で躓くことがあってもサポートう受けることで挫折せずに学習を進めることができますので、独学で続かなかった方には特におすすめと言えます。

現在働いている社会人の方

TechAcademyはオンライン型のプログラミングスクールであり、通学の必要がないため、どこでも学習をすることができます。

そのため、地方在住者や仕事で多忙な社会人の方にもおすすめのスクールとなっており、働きながら利用することができます。

実際に仕事を辞めてしまってからの学習ですとリスクも大きいので、エンジニアへの転職を考えている方は、働きながらTechAcademyのようなオンライン型スクールで学習をされると良いと思います。

自分で開発できるスキルを身につけたい方

TechAcademyのカリキュラムでは、実際にWebサービスを自分ひとりで開発することができますので、実践的な開発スキルを身につけたい方や転職目的で学習される方にはおすすめです。

ここで開発したWebサービスは、ポートフォリオ(作品集)に載せることができ、企業側にもスキルがあることのアピールができますので、転職活動を有利に進めることができるのです。

TechAcademyでは、Webサービスの開発まで現役エンジニアの講師がサポートしてくれるため、未経験者でも最終的には一人で開発できるスキルを確実に身につけることができます。