現役エンジニアがTechAcademyのWebアプリケーションコースを評価!

PROGRAM

TechAcademyのWebアプリケーションコースの評価を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • TechAcademyのWebアプリケーションコースが実践で役に立つかを知りたい
  • Webプログラミングを学習することが初学者におすすめされている理由を知りたい
  • TechAcademyのWebアプリケーションコースについて、現役エンジニアの評価を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、TechAcademyのWebアプリケーションコースについて、実践で役立つ理由やWebプログラミングがおすすめな理由を解説しながら、評価しています。

TechAcademyのWebアプリケーションコースは実践向き

TechAcademyのWebアプリケーションコースは実践向き

結論から言うと、TechAcademyのWebアプリケーションコースは実践で役に立ちます。
まずは、その理由を3つ解説していきたいと思います。

Web系に必要な言語を網羅

Web系の開発に必要となる言語は、表側の画面作りのためのHTMLとCSS、裏側の処理の実装のためのRuby(その他PHPやJava)、それからデータベース操作のためのSQLなどがあります。

TechAcademyのWebアプリケーションコースでは、ここで挙げているいずれの言語も学ぶことができますので、網羅性の高いコースとなっています。

実際にエンジニアとして働く際は、画面だけを作るフロントエンドエンジニアや裏側の処理だけを作るバックエンドエンジニアというように分かれることが多いですが、Web系初心者はまずは両方経験しておくことが無難です。

バックエンドがわからずにフロントエンドを作ったり、フロントエンドがわからずバックエンドを作ったりすることは、的外れなものを作ってしまうことになりかねないからです。

開発現場に必要な知識も身につく

TechAcademyのWebアプリケーションコースでは、言語以外にも、現場で必須のフレームワークやバージョン管理などについても学ぶことができます。

フレームワークで統一化を図り、バージョン管理でメンバー同士が連携し合あうことは、チーム開発では避けては通れません。9割以上の現場ではチームで開発することになりますので、これらを学んでおくことで現場にもスムーズに入ることが可能となります。

フレームワークはRubyの場合はRuby on Railsが圧倒的多数で、画面側の方ではBootstrapが非常によく使われますが、このコースではどちらも学べますので初学者にとっても最良のカリキュラムと言えるでしょう。

オリジナルサービスの開発ができる

プログラミングは、知識の詰め込みというインプットだけの学習では実際に使えるようになりません。具体的に手を動かして開発していかないと実践的なスキルは身につきません。

TechAcademyのWebアプリケーションコースでは、Webサービスを開発することがカリキュラムの中に含まれており、学習の後に実際の開発を経験することで、確実に開発スキルを身につけることができるようになっています。

また、ここで開発したWebサービスは、ポートフォリオ(作品集)にも載せられるため、転職活動を有利に進めることもできます。

Webプログラミング学習が初学者におすすめな理由

Webプログラミング学習が初学者におすすめな理由

TechAcademyのWebアプリケーションコースは実践向けであることを確認しました。
次に、なぜWebプログラミング学習がおすすめなのかを解説していきたいと思います。

案件数が多い

ITの開発案件のうちに占めるWeb系の案件の割合は約半数程度で首位となっています。

案件数が多い方が仕事を取りやすいので、特別な理由がない限りは、初学者にはWeb系が最もおすすめできるプログラミングになります。

将来フリーランスエンジニアなど独立を考えている場合であれば、なおさら案件に対応するためにもWeb系はほぼ必須で学んでおく必要があるでしょう。

学習しやすい

Web系のRubyやPHP、Pythonといったプログラミング言語の多くは、動的型付けのスクリプト言語のため、初学者にとっても学習しやすい言語となっています。

通常プログラム上でデータを扱う際は、そのデータの型を決めなければいけないのですが、それを言語側が自動で処理してくれ、型を決める必要がないものが動的型付けの言語です。

また、プログラムは通常書いて保存してもすぐに動かすことはできず、中間言語に変換するコンパイルという作業を行う必要があるのですが、それが不要になったものがスクリプト言語です。

TechAcademyのWebアプリケーションコースで学ぶRubyは動的型付けのスクリプト言語のため、他の言語と比べるとかなり学びやすいと言えます。

知識が幅広い

Web系は、その他オープン系や汎用系と比べると、他のシステムやアプリケーションとの連携が多いため、様々な知識を仕事を通じて身についていくことができます。

最近ではクラウドを利用することも多くなり、AWSやGCPなどのクラウドの知識も身につけられ、将来インフラエンジニアになることも可能です。

その他にもセキュリティやネットワークに関する知識も必要となり、他の分野よりもバランスの良い知識が身につくので、たくさん学べるという意味で、前提知識の少ない初学者にはWeb系はおすすめの選択と言えるでしょう。

TechAcademyのWebアプリケーションコースはおすすめ!

TechAcademyのWebアプリケーションコースはおすすめ!

ここまででTechAcademyのWebアプリケーションコースは実践的な内容で、初学者におすすめであることを確認しました。
最後に、現役エンジニアから、おすすめできる理由をまとめてたいと思います。

現役エンジニアがサポート

TechAcademyでは、困ったときは、オンラインで常駐している現役エンジニアの講師に質問すれば、素早く回答をもらうことができます。

現役エンジニアということもあり、開発に関してはこたえられない質問はありません。もし現役の方でなく、知識も経験もない方であれば、疑問点を解決できず、そこから先に進めることができなくなってしまいます。

TechAcademyでは、講師のサポート体制がしっかりしており、チャットサポートは23時まで可能なので、自分のペースで確実に学習をしていくことが可能です。

料金プラン豊富で格安

TechAcademyでは、学習期間が様々あり、「4週間、8週間、12週間、16週間」の中から選ぶことができます。

料金は、この学習期間によって変わってくるわけですが、例えば、4週間では139,000円、12週間では239,000円となっており、他のプログラミングスクールと比較すると、格安と言える料金設定となっています。

また、学生に関しては、学割もあるため、学習期間に応じて3~9万円の割引もされます。TechAcademyは、社会人だけでなく、学生にもおすすめできる格安のプログラミングスクールとなっています。

転職サポートがある

TechAcademyには学習だけでなく、受講生の転職をサポートする「TechAcademyキャリア」というサービスもあります。

ここでは、一人ひとりのスキルに合わせて、環境の良い企業の紹介をしてくれることはさることながら、自己分析や書類作成のサポート、それから面接対策等まで行ってくれます。

そのため、転職に不安を感じている方にもおすすめできるサービスとなっていますので、プログラミング学習後にエンジニアに転職を考えている方はぜひTechAcademyを検討されると良いと思います。