TechAcademyのWebアプリケーションコースでフリーランスになれる?

PROGRAM

TechAcademyのWebアプリケーションコースでフリーランスになれるか知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • TechAcademy Webアプリケーションコースで学べるものを知りたい
  • TechAcademy Webアプリケーションコース卒業直後にフリーランスになれるかを知りたい
  • TechAcademy Webアプリケーションコースでフリーランスになる手順を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、TechAcademyのWebアプリケーションコースで学べるものと卒業直後にフリーランスになれるかを解説し、フリーランスエンジニアになる手順をまとめています。

TechAcademy Webアプリケーションコースで学べるもの

TechAcademy Webアプリケーションコースで学べるもの

結論から言うと、TechAcademy卒業直後にフリーランスになることは難しいです。(ちなみに、どこのプログラミングスクールを利用してもいきなりは難しいです。)
その理由を述べる前に、まずは、TechAcademy Webアプリケーションコースで学べるものを解説しておきたいと思います。

別の記事でも解説しています↓

実践的なWeb系の開発スキル

TechAcademyのWebアプリケーションコースでは、Web系のエンジニアとして活躍していくために必要となる開発スキル全般を身につけることができます。

具体的には、Webアプリケーションの画面を作るためのHTMLとCSS、機能の処理を実装するためのRuby、データベース操作のためのSQLの言語を学ぶことができます。

実際の開発現場で使われる言語がこれだけとは言いませんが、開発に必要な基本的な言語の一式は揃っているので、網羅性は高くなっています。したがって、未経験者が学ぶべき量としては必要十分と言えます。

開発現場で必要とされる知識

多くのプログラミングスクールでは、プログラミングをするために必要最低限のことだけを学ぶことになりますが、TechAcademyのWebアプリケーションコースでは開発現場で必要な知識も含めて学ぶことができます。

例えば、実際の現場では一人ではなくチームで開発していくことになりますが、その際にフレームワークやバージョン管理といったものは避けては通れず、これらの知識がないと現場にスムーズに入りにくく感じると思います。

このコースでは、カリキュラムの中で、フレームワークとしてRuby on Rails、バージョン管理としてGitを学ぶことができますので、実践的な開発スキルを身につけることができるようになっています。

オリジナルWebサービスの開発経験

TechAcademy Webアプリケーションコースでは、学習だけでなく、カリキュラムの後半に自分だけのオリジナルWebサービスの開発もできます。

プログラミングはインプットではなく、アウトプットで実際に手を動かして初めてスキルとして習得できるものなので、Webサービスの開発をすることで確実にスキルとして定着させることができます。

ここで開発したWebサービスは、ポートフォリオ(作品集)に載せることができるため、転職や仕事を獲得する際にも有利に事を運ぶことができます。

TechAcademyでは、現役エンジニアの講師にサポートしてもらいながら、これを制作していきますので、未経験者でもおすすめできるプログラミングスクールとなっています。

TechAcademy Webアプリケーションコース卒業直後にフリーランスになることは難しい

TechAcademy Webアプリケーションコース卒業直後にフリーランスになることは難しい

ここまででTechAcademy Webアプリケーションコースで学べるものを確認しました。
次に、それを踏まえて、卒業直後にフリーランスになることが難しい理由を解説していきたいと思います。

経験値が不足している

エンジニアは経験が物を言います。実際に、いくら資格を持っていたとしても、経験がなければ採用されない傾向にあります。

そのため、プログラミングスクール卒業直後ですと、経験値が少なすぎるので、どこの企業も一人前のエンジニアとして見てくれません。

たとえ開発の能力は一人前であったとしても、仕事としては未経験になりますし、雇う側の企業にとってはどうしても「教育」が必要になってしまうので、躊躇されてしまいます。

企業はフリーランスを「即戦力で投資の不要な人材」として雇うため、プログラミングスクール卒業直後ではマッチングしないケースが多いです。

案件を安定して獲得できない

現在、人手不足のため、IT人材は慢性的に不足しています。

そのため、いくら経験値が少ないとはいえ、プログラミングスクール卒業直後でも、フリーランスとして参加できるプロジェクトがあるかもしれません。

しかし、それらのプロジェクトでは、ヘルプデスクや運用の要員としての契約となるなど、エンジニアとしての成長がしづらい環境であることが多く、次の案件を安定して獲得できない可能性が高いです。

やはり良い条件でフリーランスになるためには卒業直後では厳しいので、まずは正社員からエンジニアとしてのキャリアを始めることをおすすめします。

フリーランスの適性を確認できていない

プログラミングスクールを卒業したからといって、エンジニアの仕事を一人でやっていけるかどうかはわかりません。

正社員であれば、社内研修もありますし、期間の定めもないため、安定しており、守られている側面がありますが、フリーランスではいずれもありません。

エンジニアの中には、正社員が向いている方もいれば、フリーランスの方が向いている方もいますので、いきなりフリーランスになるのではなく、業界や仕事の様子を見るためにも、まずは正社員エンジニアとして仕事をされると良いと思います。

TechAcademy Webアプリケーションコースでフリーランスになる手順

TechAcademy Webアプリケーションコースでフリーランスになる手順

プログラミングスクール卒業直後にフリーランスになることは難しいことがわかりました。
最後に、TechAcademy Webアプリケーションコースを利用して、将来的にフリーランスになるための具体的な手順をまとめたいと思います。

①TechAcademyでWeb系の学習と開発

TechAcademyは現役エンジニアのマンツーマンレッスンであることやWebサービスの開発課題があることから、実践的な開発スキルを身につける上でおすすめできるプログラミングスクールです。

まずはここでWeb系の基礎を学び、実際に手を動かして、1つの作品を自分で1から作り上げるということを経験しましょう。

TechAcademyでは基礎学習だけでなく、Webサービスの開発の際にも、現役エンジニアの講師にサポートしてもらうことができるので、未経験者でも安心して進めることができます。

②正社員エンジニアとして実務経験を積む

TechAcademy卒業後は、いきなりフリーランスエンジニアになることは難しいことは既に確認済みですので、まずは正社員エンジニアになりましょう。

その中で自分一人で活動していくことが難しいと感じるようであれば、独立せず正社員のままキャリアを進めていけば良いですし、自分の仕事に対する対価が低いと感じる場合にはフリーランスを目指されると良いでしょう。

ここでは、とにかく経験値をたくさんためることを意識して、幅広く仕事を引き受けると良いでしょう。Web系でしたら、例えばフロントエンドの開発だけでなく、バックエンドも含めフルスタックで何でもできる人材になっておいた方が良いです。

③3年後を目処にフリーランスエンジニアに転向

フリーランスになる場合は、3年ぐらいを目処に実務経験を積み、それから独立するようにしましょう。

ぴったり3年である必要はありませんが、企業側も大体の目安として3年程度を最低ラインとして業務委託をすることが多いです。

フリーランスエンジニアの働き方については、ランサーズやクラウドワークスのようなクラウドソーシングサイトを利用するのではなく、客先に常駐して仕事を行うフリーランスエンジニアの方が圧倒的に多いです。

これは客先常駐の仕事の方が単価の良い仕事が多いという実態があるためです。(逆にクラウドソーシングサイトの案件は単価が安くなっています。)

フリーランスに転向する際は、コネクションで業務を受託できるのであればコネクションで良いと思いますし、なければエージェント経由で仕事を探されることをおすすめします。

エージェントは基本無料で利用することができますので、利用を避ける理由はないと思います。

いずれにしても、自分のコネクションだけでは限界がありますので、フリーランスとして活動されるのであれば、ネットワークを広げるために積極的に利用されると良いと思います。