TechAcademyの転職保証コースの講師は?【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

TechAcademyの転職保証コースの講師について知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • TechAcademyの転職保証コースの講師を知りたい
  • 講師が現役エンジニアではない場合の問題点を知りたい
  • 講師が現役エンジニアであるTechAcademyの転職保証コースの利点を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、TechAcademyの転職保証コースの講師について紹介し、講師が現役エンジニアではない場合の問題点と講師が現役エンジニアである、このコースの利点を解説しています。

TechAcademyの転職保証コースの講師

TechAcademyの転職保証コースの講師

結論から言うと、TechAcademyの転職保証コースの講師は現役エンジニアです。
まずは、このコースの講師に関するシステムについて、紹介しておきたいと思います。

現役エンジニアによるマンツーマンレッスン

TechAcademyの転職保証コースでは、受講生は講師からマンツーマンでレッスンを受けることができます。

個別指導となりますので、集団レッスンのように、質問がしづらく躊躇してしまうといったこともなく、レッスン中は講師を独占することができます。

また、講師は現役エンジニアのため、開発に関する質問であれば、経験を踏まえた回答をもらうことができますので、質の高い学習を行うことができます。

Webアプリケーションの機能開発まで講師がサポート

TechAcademyの転職保証コースは、基礎編と応用編に分かれており、基礎編ではJavaプログラミング(Web系)の基礎を学習することになり、応用編ではWebアプリケーションの機能を開発していきます。

このコースでは、基礎だけでなく、応用編の開発の部分も現役エンジニアの講師がマンツーマンでレッスンをしてくれますので、実践的スキルを確実に身につけていくことができます。

実際の開発には躓くポイントが多々ありますが、最後まで講師がフォローしてくれることで未経験者でも安心して学習を進めていくことができます。

毎日15~23時のオンライン常駐のチャットサポート

TechAcademyの転職保証コースでは、週2回のレッスンの他、毎日15~23時に現役エンジニアがオンラインで常駐してくれているので、その時間であればいつでもチャットで質問をすることができます。

基礎編であればすぐに回答をもらうことができますし、応用編の開発であれば、24時間以内に回答をもらえますので、時間をほとんどロスすることなく学習を進めることができます。

チャットサポートは23時という遅い時間まで対応しているので、仕事で多忙気味な方やプライベートがある方でもスケジュールを調整しやすくなっており、いつでも学ぶことができます。

講師が現役エンジニアではない場合の問題点

講師が現役エンジニアではない場合の問題点

ここまででTechAcademyの転職保証コースの講師について確認をしてきました。
次に、講師が現役エンジニアではない場合の問題点を解説していきたいと思います。

学習の途中で挫折する可能性が高い

プログラミング学習は、学生時代の詰め込み型学習とは異なり、暗記だけでなんとかなるものではありません。

そのため、独学や現役エンジニアのプロによる指導がない場合には、理解ができなかったり問題を解決できなかったりすることが多く、挫折してしまう可能性が高いです。

実際に現役エンジニアである筆者自身も挫折しかけたことが何度もあり、未経験者である自分の力だけで学習していくことはなかなかハードなことと言えるでしょう。

実践的なスキルを身につけられない可能性がある

開発経験のない方が講師の場合、実践的なスキルを身につけられない可能性があります。

例えば、英会話ができない英語教師(講師)が世の中には大勢いますが、こういう方に英語を教わっても、英語が話せるようにはなりませんよね。

プログラミングもそれと同じで、実際にプログラミングを使って仕事をされているプロに教わることで、確実に実践的なスキルを身につけることができるというわけです。

実績を作ることが難しくなる

転職を成功させるためには、何らかの開発実績を作っておく必要がありますが、現役エンジニアのサポートがないと自分ひとりで作れるかはかなり怪しくなります。

開発経験のない講師には開発のサポートのしようがありませんので、転職で失敗したくない場合には現役エンジニアのサポートを受けられるスクールを選ぶべきです。

この開発実績を作ることはスキルの証明となるため転職時には非常に重要となりますので、スクール選びでは、ここまでサポートが入ったところを選ぶと良いでしょう。

講師が現役エンジニアであるTechAcademyの転職保証コースの利点

講師が現役エンジニアであるTechAcademyの転職保証コースの利点

プログラミングスクールの講師は現役エンジニアであることが望ましいということがわかりました。
最後に、講師が現役エンジニアであるTechAcademyの転職保証コースの良さをまとめていきたいと思います。

別の記事でも解説しています↓

未経験者でも安心できるサポート

TechAcademyの転職保証コースは、未経験者向けのコースとなっており、初心者でも安心して学習できる内容となっています。

学習するものも案件の最も多い「Java」のWebプログラミングとなっているので、転職を重視する方にはおすすめとなっています。

講師もJavaを経験されている現役エンジニアの方で、マンツーマンのレッスンとなっているので、実践的なスキルを効率よく身につけていくことができます。

転職時も現役エンジニアがサポート

TechAcademyの転職保証コースでは、現役エンジニアは学習や開発のサポートだけでなく、転職時もキャリアの相談に乗ってくれるなど、手厚くサポートしてくれます。

IT業界未経験者にとっては、実際の開発現場を知っている方の体験談や考えを聞けることはとても貴重な機会ですので、自身のキャリアを設計していくにあたって、とても有意義な時間となると思います。

もちろん現役エンジニアの他、キャリアカウンセラーの方も相談や対策をしてくれますので、転職のための充実したサポートを受けることができます。

オンライン完結の転職保証コース

TechAcademyの転職保証コースは、業界の中では珍しい、オンラインで完結する転職保証コースとなっています。

他のプログラミングスクールは「通学」の受講形式になることが多く、マンツーマンではないため学習が進めづらかったり、地方在住者は学習すらできなかったり、と色々と問題点が多くありました。

オンラインになることで、いつでもどこでも学習をすることができ、さらに教室がない分料金も安くなるため、費用や場所を重視される方には、このコースはとてもおすすめとなっています。