TechAcademyの転職保証コースの評判はどう?【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

TechAcademyの転職保証コースの評判について知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • TechAcademyの転職保証コースの内容を知りたい
  • TechAcademyの転職保証コースの実際の利用者の評判を知りたい
  • TechAcademyの転職保証コースに向いている方の特徴を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、TechAcademyの転職保証コースの内容と実際の利用者の評判を紹介・解説し、このコースに向いている方の特徴をまとめています。

TechAcademyの転職保証コースの内容

TechAcademyの転職保証コースの内容

結論から言うと、TechAcademyの転職保証コースは転職ができるコースとして定評があります。
具体的な評判を紹介していく前に、まずはこのコースの内容を簡単に解説しておきたいと思います。

別の記事でも解説しています↓

Web系の開発スキルが身につけられる

TechAcademyの転職保証コースのカリキュラムは、Javaを中心としたWeb系の開発スキルを身につけられる内容となっています。

Web系の開発には、画面作りのためのHTMLとCSS、機能を実装するためのJavaなどのプログラミング言語、データベース操作のためのSQLの言語が必要になってきますが、このコースではいずれも漏れなく学ぶことができます。

カリキュラムの後半には、実際にWebアプリケーションの機能の開発を行っていきますので、全ての課題を終える頃には一からアプリケーションを開発する力が間違いなく身についていることでしょう。

学習と転職のサポートが充実している

TechAcademyの転職保証コースでは、講師は現役エンジニアであり、マンツーマンでレッスンをしてもらえるため、より実践的な開発スキルを身につけることができます。

レッスン外でも、毎日15~23時に現役エンジニアの講師がオンライン常駐でチャットサポートをしているため、質問をすればすぐに回答してもらえるので、確実に学習を進めていくことができます。

また、転職面でも、現役エンジニアの講師がキャリアの相談に乗ってくれますし、キャリアカウンセラーの方からも面接対策などを指導してもらえるため、学習面と転職面のいずれにおいても手厚いサポートとなっています。

転職ができなかった場合は全額返金

TechAcademyの転職保証コースでは、現役エンジニアの講師やキャリアカウンセラーの方が全力でサポートをしてくれますが、それでも転職ができないのではないかという不安は残ると思います。

しかし、このコースでは、転職できなかった場合は、支払った料金を全額返金してくれますので、お金をムダにすることがありません。

プログラミングスクールの多くは学習の場を提供するだけで転職までは関与してきませんでしたが、このコースでは最後まで面倒を見てくれるため、転職への不安がある方にはぴったりと言えるでしょう。

TechAcademyの転職保証コースの実際の利用者の評判

TechAcademyの転職保証コースの実際の利用者の評判

ここまででTechAcademyの転職保証コースの内容を確認してきました。
次に、このコースの実際の利用者の方々の評判を紹介していきたいと思います。
ここでは偏りがないように、複数の情報源を利用していきます。

ほぼ確実に転職ができる

公式ページ

上記ページは、TechAcademyの転職保証コースの公式ページです。

このページの中部あたりに「卒業生の転職事例」ということで、3つの事例が紹介されており、いずれの方も転職を実現しています。

注目すべきは、3者とも異業種からの転職であるにもかかわらず、転職活動開始からおよそ1ヶ月程度で内定を獲得されているという点です。

このコースでは現役エンジニアは学習の講師としての役割だけでなく、転職のサポートを行うパーソナルメンターとしての役割もあるため、業界の話を聞けたり、キャリアに関する相談ができたりなど、プロの手厚いサポートが早期の内定獲得に貢献したのだと思われます。

TechAcademyの転職保証コースでは、このように実際の現場の開発者が学習と転職の両面をサポートしてくれますので、未経験者の方でも十分におすすめできるコースだと言えます。

Web系の実践的な開発スキルが身につけられる

テックアカデミーのエンジニア転職保証コースで就職しました【転職先は?期間は?年収は?徹底解説】

上記ページは、TechAcademyの転職保証コースを受講され、実際に転職を成功させた方の感想の記事です。

この方によれば、JavaのWebプログラミング学習は、TechAcademyのJavaコースとほぼ同じ内容のようです。そのため、Webアプリケーションの開発もカリキュラムの最後にでき、スキルを証明するための実績を作ることができます。

転職保証コースは、このJavaコースの内容に加えて、転職サポートが新たに追加され、転職できなかった場合に全額返金されるという転職志望者にとってはとても充実した内容となっています。

また、TechAcademyには紹介できる求人案件が多く集まっているため、選択肢もたくさんあり、転職がしやすい点もメリットとして挙げられています。SESばかりではなく、自社開発の求人案件もあるとのことですので、自分に合ったキャリアを選ぶと良いでしょう。

格安で転職保証を受けられる

Tech academy体験記 0週目

上記ページは、TechAcademyの転職保証コースを一通り終えた方のnoteです。

この方は転職が保証されているという点と料金が安いという点に魅力を感じ、このコースを受講されたようです。

たしかに転職保証コースの相場は大体60万円程度ですが、TechAcademyでは30万円とその半額近い安さとなっているので、コスパはとても高いと言えます。

この方は学習を終えたばかりで現在はまだ転職活動中のようですが、これで万が一転職に失敗したとしても、学習を終えてさえいれば全額返金されますので、安心ですね。

TechAcademyの転職保証コースは、お金を絶対に無駄にしたくないという不安がある方には強くおすすめできるコースと言えます。

TechAcademyの転職保証コースに向いている方の特徴

TechAcademyの転職保証コースに向いている方の特徴

以上TechAcademyの転職保証コースについて、客観的に見ていきました。
これらの評判から、最後に、このコースに向いている方の特徴をまとめていきたいと思います。

実践的な開発スキルを身につけたい方

TechAcademyの転職保証コースでは、転職で失敗しないように、受講生に実際の開発現場で使えるスキルを身につけさせることを目的としています。

そのため、学んだはいいが知識ばかりで手が動かないといった状況は生まれず、言語に強く依存しないプログラミング的思考力(論理的思考力)を養うことができます。

資格や知識だけ持っていてもあまり役に立たないのがIT業界の常識ですので、独学で資格勉強や参考書をこなすぐらいであれば、アウトプット中心のカリキュラムのTechAcademyでプログラミングを学ばれることをおすすめします。

格安な転職保証コースを探されている方

プログラミングスクールを利用する方のほとんどはエンジニアへの転職を目的としていると思いますので、転職保証コースはそんな方にぴったりのコースと言えます。

しかし、転職を保証するため、その料金は高いことが多く、相場は大体60万円前後となっていますので、できる限り少しでも費用を抑えたいと考えている方が多数だと思います。

TechAcademyの転職保証コースでは、料金は相場の半額近い298,000円となっていますので、格安かつ転職保証のプログラミングスクールを探されている方にはとてもおすすめできるコースとなっています。

エンジニアへの転職を確実にされたい方

TechAcademyの転職保証コースは、その名のとおり、プログラミングスクール側が受講生の転職を保証してくれるので、万が一失敗した場合には料金が全額返金されます。

そのため、スクール側は受講生が転職できるように全力で手厚いサポートをしてくれるため、エンジニアへ確実に転職されたい方には強くおすすめすることができます。

IT業界は人手不足のため、転職保証コースでなくても転職にはさほど苦労はしないと思いますが、転職保証コース以外のコースと料金に大差がないので、コースで迷われるぐらいであれば、TechAcademyの転職保証コースを受けられると良いと思います。