TechAcademyの転職保証コースで転職できる?【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

TechAcademyの転職保証コースで転職できるか知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • TechAcademyの転職保証コースの内容を知りたい
  • 実際の開発現場で求められるものを知りたい
  • TechAcademyの転職保証コースは転職におすすめか知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、TechAcademyの転職保証コースの内容や実際の開発現場で求められるものを解説し、このコースが転職におすすめな理由をまとめています。

TechAcademyの転職保証コースの内容

TechAcademyの転職保証コースの内容

結論から言うと、TechAcademyの転職保証コースを利用することで高い確率でエンジニアへ転職することができます。
まずは、このコースの内容を見ていきましょう。

Javaを中心にWeb系の言語を学べる

TechAcademyの転職保証コースでは、Javaを中心にWeb系の各言語を学ぶことができます。

Web系の開発に必要な言語には、表側の画面を作るためのHTMLとCSS、裏側の処理を実装するためのJava(その他PHPやRuby)、データベースを操作するためのSQLなどがありますが、これら全てをこのコースでは学ぶことができます。

裏側の処理を実装するプログラミング言語にはJava以外にも、PHPやRubyなどがありますが、最も案件数が多い言語はJavaのため、転職を重視されている未経験者にとっては需要に合わせるという意味で最良の選択だと思われます。

Webアプリケーションの開発ができるようになる

TechAcademyの転職保証コースでは、Web系の各言語を学ぶだけにとどまらず、それを使ってWebアプリケーションの機能も実装していきます。

実際に手を動かすことにより、スキルとしての定着を図っており、言語の復習も兼ねながら、論理的思考力も同時に養っていくことができます。

ここでの機能開発は実績として転職時にもスキルの証明としてアピールすることができるので、転職活動も有利に進めていくことができます。

現役エンジニアの講師がマンツーマンレッスン

TechAcademyの転職保証コースの講師は現役エンジニアとなっており、マンツーマンでレッスンを受けることができます。

プロになりたければその道のプロから指導を受けることが一番の近道となりますし、個別指導のためその場ですぐに質問もできますので、確実に学習を進めていくことができます。

レッスン以外にも、毎日15~23時に現役エンジニアの講師がオンラインで常駐しておりチャットでも回答をもらうことができますので、いつでも学習をすることができます。

実際の開発現場で求められるもの

実際の開発現場で求められるもの

ここまででTechAcademyの転職保証コースの内容を確認してきました。
次に、実際の開発現場で求められるものを、現役エンジニアの立場から解説していきます。

実践的な開発スキル

企業側はなるべく即戦力となる有望な人材を採用しようとします。

開発現場では、知識の多さというよりは、実際に開発の仕事ができるかが重要となりますので、採用時には学んだことよりは開発したものが重視されます。

TechAcademyの転職保証コースでは、現役エンジニアとのレッスンでより実践的なスキルを身につけることができますし、アウトプット中心のため、知識ではなく開発に重きを置いた学習をすることができるのでおすすめです。

スキルの証明となるもの

実践的な開発スキルがあると判断されるためには何らかの実績が必要となります。

TechAcademyの転職保証コースでは、Webアプリケーションの機能開発を行いますので、これを実績とすることができます。

未経験者の採用であっても、優良企業ではこのような実績や経験を重視する傾向が強いため、転職活動前までには何かしらの開発は必ず行っておくと良いでしょう。

インフラなどITの基礎的知識

Web系の開発現場では、クラウドなどがよく使われるため、クラウドやネットワーク系の知識があった方が現場にはスムーズに入りやすいです。

ただ、現場によって使われるクラウドサービスが異なりますし、既存システムの改修などの業務から任せられる場合にはさほど気にする必要がありませんので、転職後に吸収していけば問題ないと思われます。

余力があれば、個人的にAWSやGCPの各サービスを使ってみてキャッチアップをされておくと良いでしょう。

TechAcademyの転職保証コースが転職におすすめな理由

TechAcademyの転職保証コースが転職におすすめな理由

以上でTechAcademyの転職保証コースで学べるものと実際の開発現場で求められるものをそれぞれ確認してきました。
これらを踏まえて、最後に、このコースが転職におすすめな理由をまとめていきたいと思います。

別の記事でも解説しています↓

現役エンジニアの講師が最後まで支援

TechAcademyの転職保証コースは基礎編と応用編に分かれており、基礎編ではWeb系の開発に必要な各言語について学び、応用編ではそれらを使って実際にWebアプリケーションの機能を開発していきます。

このコースでは、現役エンジニアの講師が、基礎編のインプットだけでなく、応用編のアウトプットまでサポートしてくれますので、最後まで安心して取り組むことができます。

特に基礎よりは応用の方が躓くポイントが多いと思いますので、チャットサポートも併用することで、確実に学習を進めていくことができます。

オンライン完結で働きながらでも利用しやすい

TechAcademyはオンライン完結のスクールとなっているので、働きながら転職を考えている方にとっても、通学の必要がないため利用しやすいスクールとなっています。

また、オンライン完結であることにより、スクール側は教室を持たなくて済むので、料金も転職保証コースにしてはかなり安めの設定となっています。

チャットサポートも23時という遅い時間まで対応していますので、いつでもどこでも学習ができる点がこのスクールの良い点となっています。

転職保証があり失敗した場合には料金が全額返金

TechAcademyの転職保証コースでは、その名のとおり、転職することを保証しており、万一失敗した場合には料金が全額返金されることになっています。

プログラミングスクールの料金は決して安くはない料金ですので、支払ったからには確実に転職をしたいですよね。このコースは、絶対失敗できない方におすすめのコースと言えます。

スクール側も転職ができるように、現役エンジニアとキャリアカウンセラーの手厚いサポートを提供していますので、費用や転職を重視されている方は第一候補として検討されると良いと思います。