Web系のシステム開発【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web系のシステム開発について、現場の視点で簡単に解説していきます。

Web系とは

Web系の開発はWebサーバを使った開発です。

Web系の開発ではクライアント側とサーバ側の開発に分かれます。

クライアント側はブラウザの他、独自のネイティブアプリの可能性もあります。

Web系のメリット

Web系のシステムでは様々な端末を使用できます。

また、クライアント側がブラウザであれば、Webサーバ側だけでメンテナンスが可能です。

そして、Web系の場合には、比較的リモートワークがしやすい環境を構築することができます。

Web系のデメリット

Web系の開発ではクライアント側とサーバ側の両方の言語を学ぶ必要があります。

クライアント側がブラウザである場合には、全てのブラウザに対応させる工夫が必要です。

さらにWeb系では、トレンドの移り変わりが早いため、常に最新技術をキャッチアップすることが求められます。