システム開発のウォーターフォール開発【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、システム開発のウォーターフォール開発について、現場の視点で簡単に解説していきます。

ウォーターフォール開発とは

ウォーターフォール開発とはシステム開発の開発手法の一つです。

これは最も基本的な手法で、要件定義⇒設計⇒製造⇒テストの順で開発をしていきます。

アジャイル開発のような手法でも同じ順序ですが、ウォーターフォール開発では一括でこの流れのとおりに進めていきます。

一度進んだ工程には戻りにくい

ウォーターフォール開発では一度進んだ工程に戻ることは原則できません。

戻る場合には、戻り工数というものが発生し、コストが増えるうえに、納期に間に合わなくなる場合があります。

また、ウォーターフォール開発では、最後のテストの工程まで行かないと動作を確認できず、完成形に不安が残ることも多いです。

スケジューリングやリソースの手配がしやすい

ウォーターフォール開発では要件定義⇒設計⇒製造⇒テストの流れを一括で進めるため、スケジュールを立てやすくなります。

さらに、リソースの手配や予算の組み立ても行いやすいので、計画どおりに進行できれば、非常に合っている手法と言うことができます。

基幹システムのリプレイスといったプロジェクトの場合は要件もはっきりしていますので、ウォーターフォール開発が採用されやすいです。