システム開発におけるベンダー【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、システム開発におけるベンダーについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

ベンダーとは

ベンダーとは販売会社を意味します。

システム開発におけるベンダーはシステムの販売会社になります。

ユーザ企業は自社内だけでは開発できないシステムをベンダーに求めます。

ベンダーとSIerの違い

SIerはSystem Integrator(システムインテグレータ)の略です。

SIerはシステムを開発し、販売するという点でベンダーと言えます。

しかし、顧客の要望を聞いてシステムを開発するため、単にシステムを販売するベンダーとは異なります。

ユーザ企業の情報システム部門との違い

開発を行う情報システム部門が存在するユーザ企業も多いです。

ユーザ企業の情報システム部門では上流工程を担当し、プロジェクトの管理が中心の仕事となるところが多く見受けられます。

一方で、この場合のベンダーは、上流工程よりかはプログラミングを中心とした下流工程の仕事を担当することが多い傾向が見られます。