システム開発の上流工程【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、システム開発の上流工程について、現場の視点で簡単に解説していきます。

上流工程とは

システム開発で言う上流工程とは前半の開発工程になります。

具体的には、要件定義と基本設計のことを指すことが多いです。

反対に、下流工程とは詳細設計以降のことを指すことになります。

上流工程はコミュニケーション中心

上流工程ではユーザとのコミュニケーションが重要となります。

ユーザから要件をヒアリングして、要件をまとめ、仕様を決めていかなければならないからです。

特にユーザは情報システムに詳しい人ばかりではないため、雑談を交えながら、本質的な会話をする必要があります。

プログラミングの知識がないと厳しい

上流工程はプログラミングをしませんが、その知識はあった方が良いです。

なぜかというと、知らないと用語も理解できないうえに実装の可否も判断できないからです。

そのため、上流工程を担当するエンジニアは、(下流工程を担当する)プログラマー出身の方が多くなっています。

大企業では上流工程の求人がほとんどの理由

大企業では上流工程ができるSEの求人が多いと思います。

この理由は、大企業では自分たちで手を動かして開発をしないことが多いためです。

派遣社員等の外部の人間や期間の定めのある社員たちに開発を任せ、彼らをマネジメントする仕事が大半となっています。