システム開発でやること【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、システム開発でやることについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

ドキュメントを作る

システム開発の納品物には必ずドキュメントが含まれます。

また、設計書はプログラミングを行う上でも必要となります。

ドキュメントは設計書の他にも、操作マニュアルも納品しなければなりません。

プログラミングをする

システム開発ではプログラミングは欠かせません。

これは設計書のとおりにプログラムを書いていく仕事です。

プログラミングをするにはプログラミング言語を使うことになります。

テストをする

テストはシステム開発では一番最後に行います。

これはプログラミングを行った後、バグや動作確認のために行うものです。

テストは開発者側が行うだけではなく、顧客側も受け入れテストを行います。