システム開発のテスト【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、システム開発のテストについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

テストは開発者側3種類、ユーザ側1種類

テストには開発者側とユーザ側のものがあります。

開発者側のテストには単体テストや結合テスト、総合テストがあります。

一方で、ユーザ側のテストにはユーザ受け入れテストというものがあります。

単体テスト

単体テストは詳細設計に対する開発者側のテストになります。

ここでは、システムの細かい一つひとつの機能をテストします。

最近では詳細設計やコーディングの中で自然に一緒に行われるケースが多いです。

結合テスト

結合テストは基本設計に対する開発者側のテストになります。

内部の機能間のテストを内部結合、他システム間のテストを外部結合テストと呼びます。

最近ではWebAPIを利用して他システムと連携することが多いですが、これのテストが(外部)結合テストにあたります。

総合テスト

総合テストは要件定義に対する開発者側のテストになります。

システムテストとも呼ばれ、ここでは通しでのテストを行います。

データも本番に限りなく近いデータを使って開発者側の最終テストを行います。

受け入れテスト

受け入れテストは要求分析に対するユーザ側のテストになります。

ここでは開発者側の全テストが終わった後に、実際の運用を想定してテストを行います。

このテストを無事にクリアすることで、開発者側の納品が晴れて完了することになります。