システム開発で使える補助金【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、システム開発で使える補助金について、現場の視点で簡単に解説していきます。

ものづくり補助金

ものづくり補助金は設備投資を支援する補助金です。

生産性向上に資する設備投資に該当すれば、システムも対象となります。

補助金の上限は一般型で1000万円であり、補助率は原則1/2ですが、小規模事業者や低感染リスク型ビジネス枠では補助率は2/3となります。

事業再構築補助金

事業再構築補助金は新型コロナウイルス感染症の影響で始まった補助金です。

新分野展開や事業転換といった事業の再構築にかかる経費が対象となっています。

システム開発も対象であり、補助金は通常枠で100万円から8000万円で、補助率は2/3(6000万円超は1/2)です。

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金は小規模事業者向けの補助金です。

機械装置等費としてシステムにかかる費用も対象となっています。

補助金は50万円が上限に設定されており、補助率は2/3とされています。