システム開発の前に必要な勉強【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、システム開発の前に必要な勉強について、現場の視点で簡単に解説していきます。

事業に関する勉強

システム開発の前に必ず顧客の事業に関する勉強が必要です。

業界知識はさることながら、実際の業務も想像力を働かせ予習しておきます。

予習しておくことで、要件定義時にスムーズに要件と仕様を決めることができます。

技術に関する勉強

システム開発には技術は必要不可欠です。

どのようなシステムか判明している場合にはある程度技術の絞り込みができます。

あまりなじみのない技術を使用する場合は特に、事前に予習しておくことが大切です。

提案のための勉強

システム開発では開発者側からある程度の提案が必要となることが多いです。

持前の技術を駆使して、どのように形にしていけば良いのかをまとめる必要があります。

これには資料作り等のシステム開発の打ち合わせのために必要とされる作業も含まれます。