システム開発とソフトウェア開発の違い【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、システム開発とソフトウェア開発の違いについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

システム開発

システム開発はコンピュータ上の開発を指します。

また、それに付随して、仕組みを改善するため、人の役割も変えます。

例えば、業務システムの開発はその典型例で、働き方も含めた開発となります。

ソフトウェア開発

ソフトウェア開発もコンピュータ上の開発を指します。

例として、パッケージソフトの開発等を挙げることができます。

ただし、ソフトウェア開発と言うと、コンピュータ上の開発のみに重点を置いています。

システム開発とソフトウェア開発の違い

システム開発はコンピュータ上の開発に加え、人の仕事の仕方にも影響を与えます。

一方で、ソフトウェア開発は、コンピュータ上の開発のみを強調する表現となっています。

したがって、システム開発は広い意味での開発として使われ、ソフトウェア開発はコンピュータ上のみに焦点を当てた開発として使われます。