システム開発のスクラッチ開発【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、システム開発のスクラッチ開発について、現場の視点で簡単に解説していきます。

スクラッチ開発とは

スクラッチ開発とは一からシステムを開発することです。

これはパッケージを利用しない、オーダーメイドの開発になります。

最近では何らかのパッケージを利用した開発が多いように感じるかもしれませんが、筆者の職場では実際にスクラッチ開発の方が多いという実態があります。

スクラッチ開発のメリット

オーダーメイドなのでユーザの要望に100%応えられます。

また、開発者側としてもパッケージのしがらみが一切ありません。

スクラッチ開発では技術上可能なことは何でも作ることができます。

スクラッチ開発のデメリット

1から作るため、工数がかかってしまいます。

パッケージの場合の工数と大きな差が出るため、パッケージ無しでは受注の機会を逃すこともあります。

さらに開発者側からしてみても、パッケージが使えないことで、それらに付随する便利な機能も使えず、不便な思いをすることもあります。