システム開発のリスク【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、システム開発のリスクについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

コミュニケーション不足による工数の増加

上流工程ではコミュニケーションがとても重要です。

顧客が考えているシステムの認識と合わせる必要があるからです。

この認識合わせを上手く行えないと、時間がかかり工数が増えていきます。

全貌が見えない技術の使用による工数の増加

最近ではオープンソース等の他者が開発したソフトウェアを使う機会が多いです。

これらを活用することで、たしかに工数を削減できることが多いということも事実です。

しかし、そこで何か問題が発生した場合に、解決が困難となり、工数が増加する可能性があります。

作業の遅れや要件の変更による戻り工数の発生

人的な問題で作業そのものが遅れることがあります。

また、顧客側の要件の変更によってもタイミング次第では戻り工数が発生します。

要件定義後の設計や製造の工程で要件を変更する場合には、ほぼ確実に余計な工数がかかってしまいます。