システム開発を在宅で行うために必要なもの【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、システム開発を在宅で行うために必要なものについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

コミュニケーションツール

コミュニケーションツールはチャットや会議ができるツールのことです。

例えば、Microsoft TeamsやZoom、Google(ChatとMeet)といったツールがあります。

このようなツールを使うことで、在宅でもメンバー全員が職場にいるかのようにコミュニケーションが取れます。

勤怠管理ツール

勤怠管理ツールとは、簡単に言うと打刻ツールです。

在宅の場合、メンバーが何時から何時まで仕事をしているか上司はわかりません。

勤怠管理ツールを導入することで、職場にいなくてもメンバーの勤怠の把握が可能となります。

VPN

VPNとはVirtual Private Networkの略です。

これは仮想プライベートネットワークの意味です。

VPNを導入することで、外部のネットワークからも企業(職場)のネットワークに入ることができます。