システム開発の準委任【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、システム開発の準委任について、現場の視点で簡単に解説していきます。

準委任とは

準委任とはシステム開発の契約形態の一つです。

いわゆるSESと呼ばれる契約は準委任の契約となります。

準委任ではベンダー側が指揮命令権を持ってシステムを開発します。

準委任の責任

準委任ではベンダー側はシステムの完成義務を負いません。

あくまで作業時間に関して報酬が支払われる仕組みだからです。

参考までに、成果物の責任を負う契約形態は請負契約となります。

準委任と派遣、委任の違い

準委任と派遣、委任はいずれも成果物の責任を負いません。

しかし、派遣は指揮命令権がクライアント側にある点で異なります。

また、委任は準委任とは異なり、ベンダー側が法律行為を行う場合に結ばれる契約となりますが、システム開発では準委任となります。