システム開発の目的と目標【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、システム開発の目的と目標について、現場の視点で簡単に解説していきます。

システム開発の目的

システム開発の目的は抽象的なものになります。

例えば、業務の効率化や利便性の向上等が挙げられます。

システム開発の目的は一度決めたら変更することはありません。

システム開発の目標

システム開発の目標は目的に関する具体的なものになります。

例えば、業務の効率化が目的なら、帳票出力や作業の自動化は目標になります。

システム開発の目的は変えませんが、目標は開発の途中で変えることがあります。

システム開発の失敗

目的や目標を途中で見失ったシステム開発の失敗例もあります。

これは主に現場の立場や意見を度外視した場合によく発生します。

システム開発では、要件定義時に現場の声も汲み取ったうえで、目的と目標を定めないといけません。